Sponsored Links

アンヘル・サンチェスは巨人の外国人助っ人!韓国やメジャーでの成績は?

スポーツ選手
引用元:https://south-korea.timesofnews.com/ex-major-league-pitcher-makes-impressive-preseason-debut-in-s-korea.html

アンヘル・サンチェス選手は巨人の外国人助っ人として、入団しました。

メジャーリーグや韓国リーグで経験を積んだその腕は、かなり期待されてるようで、巨人との契約年俸は
推定で3億4000万円と驚きの金額です!

そんな、アンヘル・サンチェス選手はどんな人で、メジャーや韓国でもどのような成績を残しているんでしょうか?

この記事では、アンヘル・サンチェスのプロフィールや韓国・メジャー時代の成績、彼女や結婚の情報などをご紹介します。

Sponsored Links

アンヘル・サンチェスは巨人の助っ人投手で仲間入り! -プロフィール-

引用元:https://en.yna.co.kr/view/AEN20181212006700315

アンヘル・サンチェス選手は巨人の助っ人投手として、2019年に契約、入団しました。

アンヘル・サンチェス選手と巨人との契約内容は、「2年契約・推定年俸3億4000万円」という、初年度の年俸の中では、球団史上最高額を獲得したのです。

3億4000万円なんて、驚きですね!

先に助っ人として入団した、メルセデスなんて、1100万円の激安でびっくりしたのに、こんなにも差があるんですね・・・。

●年俸が激安のメルセデス選手について・・・はこちらをご覧ください♪

メルセデスは巨人の投手で年俸が安いのはなぜ?成績やメジャー時代は?
メルセデス選手は読売ジャイアンツの海外トライアウトから育成契約→支配下選手契約を結び、現在では一軍で活躍する選手です。この記事では、巨人のメルセデス選手の年俸が安い理由や、巨人での成績やメジャー時代、身長や体重などのプロフィールなどご紹介します。

アンヘル・サンチェス選手のプロフィール

アンヘル・ルイス・サンチェス

  • 生年月日:1989年11月28日(2020年現在 30歳)
  • 出身地:ドミニカ共和国サルセド州
  • 身長:185cm
  • 体重:88kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投・右打

アンヘル・サンチェス選手の巨人での背番号は「20」

変化球は、

  • スライダー
  • カットボール
  • カーブ
  • チェンジアップ
  • シンカーを

投げることができる投手です。

また、2019年の韓国SKワイバーンズでの投球の特徴は、フォーシームの平均秒速151km、最速は157km

140kmのスプリットに140km中盤の高速チャンジアップが持ち味でした。

ちなみに、アンヘル・サンチェス選手の経歴は、

ドジャース→マリナーズ→ホワイトソックス→マーリンズ→パイレーツ→レイズ→韓国SKワイバーンズ

とたくさんのチームを渡りあるいた選手なんです。この経験を買われて、高額の契約金をゲットできたのでしょうか。

●新外国人助っ人選手は他にも・・・チアゴ・ビエイラ選手についてはこちらの記事をご覧ください♪

チアゴ・ビエイラは剛速球投手だけどノーコン?過去の成績や年俸は?
チアゴ・ビエイラ選手はブラジル人メジャーリーガーで、巨人に入団し、剛速球が話題となっていますが、どんな選手なのでしょうか。この記事では、チアゴ・ビエイラ選手の投球練習の動画や、年俸や成績、身長体重や足のサイズなどプロフィールについてご紹介します。

 

アンヘル・サンチェスは韓国リーグ2019で大活躍!

写真:SKワイバーンズ
https://news.yahoo.co.jp/byline/muroimasaya/20190626-00131767/

アンヘル・サンチェス選手は巨人に入団する前は>韓国プロ野球(KBO)で活躍をしていました。

2018年(28歳)から韓国のSKワイバーンズに所属し、2年目の2019年の成績は28試合に登板、165回投げ、17勝5敗、防御率2.62をマークしました。

ちなみに、2018年の成績は、29試合に登板し145回1/3を投げ、8勝8敗、防御率4.89、被本塁打26本という結果で、

2019年は調子が良かったらしく、飛躍的に成績が伸びた、という感じがしますね。

2019年の勝ち星を大幅に伸ばした事に注目しがちですが、被本塁打が2本というのも、驚きの数字です!

なぜ、2019年は「大化けした」と言われるほどの成績を残せたか、というと、

韓国のプロ野球リーグが、2019年から「公式球の反発係数を下げた」という点にあります。

これはどういうこと?ということになりますが、「公式球の反発係数を下げる」ことによって、「ボールが飛びにくくなった」のです。

ボールが飛びにくい=(野手にとって)本塁打が減ると言う事を指し、投手の被本塁打数は減ることになり、投手の成績が向上することになります。

ちなみに、なぜ韓国プロ野球が2019年から公式球の反発係数を下げたのか、というと、

2018年韓国リーグでは、全体のホームラン数が1756本と異常に高い数字で、この数字は史上最高に多い数字でした。

この以上に高い数字に歯止めをかけるべく、韓国リーグがとった対応は公式球の反発係数を下げることでした。

この対応によって、投手であるアンヘル・サンチェス選手は、恩恵を受けて2019年の本塁打が2本という驚きに結果を残せたのではないかと言われています。

アンヘル・サンチェスはメジャーリーグの経験もある!

アンヘル・サンチェス選手は韓国に渡る前はメジャーリーグで活躍していました。

2010年(20歳)にドジャースとマイナー契約し、その後しばらくはマイナーリーグでプレーしていました。

2017年(27歳)でメジャーに昇格

メジャーでの成績は、8試合に登板し、1勝0敗、防御率8.76というイマイチな結果だったのです。

唯一メジャーで投げた、2017年のストレートの平均秒速は154.8kmとかなり高速でスゴいんですけど、

パッとした成績を残せないまま、韓国に渡ることになったようです。

ちなみに、2016年(26歳)にトミー・ジョン手術を受けており、その影響も少なからずあったのかもしれません・・・。

Sponsored Links

アンヘル・サンチェスの彼女や結婚は?

アンヘル・サンチェス選手の彼女や結婚相手がいるのか、気になる方もいるでしょう。

そこで、アンヘル・サンチェス選手の彼女や結婚情報を徹底的に調べてみましたが、今のところ情報がありませんでした。

結婚していてもおかしくない年齢なので、すでに結婚していたり、彼女がいてもおかしくないですが・・・。

でも、この2018、2019年と韓国に渡り、2020年から2年は日本で過ごすことになるので、彼女や奥さんがいたとしても着いて行くのが大変ですよね!

また何か情報がわかり次第、追記していきますね。

アンヘル・サンチェスは親日家!日本でも大化けするか楽しみ! -まとめ-

アンヘル・サンチェス選手は2020年より巨人でプレーをする投手で、巨人との契約は2年、年俸は
推定で3億4000万円
と驚きの金額です!

高評価につながったのは、2019年韓国プロ野球リーグで大活躍したからです。

2019年の韓国SKワイバーンズでの成績は、28試合に登板、165回投げ、17勝5敗、防御率2.62をマーク。

注目すべき点は、被本塁打が2本のみという、ありえないような成績をのこしたところです。

2019年の韓国プロ野球リーグでは、それまで異様に本塁打数が多かったのを食い止める為に、公式球の反発係数を下げたことにより、

本塁打の数が激減し、それは投手にとっては、被本塁打の数が少なくなる事を指し、投手であるアンヘル・サンチェス選手はその恩恵に預かれたのでは?と言われています。

そうだとしても、2019年は2018年よりも防御率も良く、勝利数も増えていますので、巨人との契約では評価、今後を期待されての高額な年俸ということでしょう。

また、アンヘル・サンチェス選手は、メジャーリーグも経験し、アメリカではパッとした成績は残せませんでしたが、日本でのこれからの活躍は期待したいですね。

アンヘル・サンチェス選手の野球以外のプライベートな情報も気になるところですが、これから好成績を上げて注目されるようになれば、

いろんな情報が出てくると思いますで、追いかけていきたいと思います!

Sponsored Links

スポーツ選手
poco-chiharuをフォローする
Sponsored Links
Poco-NAVI ポコナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました