スポンサーリンク

ブランドン・ディクソンはメジャーから楽天へ!今までの成績や年俸は?

ブランドン・ディクソン

ブランドン・ディクソン選手が2021年シーズンから楽天でプレーすることが決まりました。

助っ人外国人に詳しい方は、オリックスの選手が移籍したのかと思うかもしれませんが違います。

オリックスにもブランドン・ディクソン選手がいますが、楽天のブランドン・ディクソン選手とは全くの別人なんです。

この記事ではブランドン・ディクソン選手がメジャーから来日することについて、プロフィールや経歴、今までの成績、年俸などご紹介します。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ブランドン・ディクソンはメジャーから楽天に入団! -プロフィール-

ブランドン・ディクソン

https://www.nikkansports.com/baseball/news/202011200000280.html

ブランドン・アレン・ディクソン

  • 生年月日:1992年1月29日(2021年1月現在 29歳)
        (日本人メジャー選手の菊池選手・筒香選手と同学年)
  • 出身地:アメリカ・カリフォルニア州
  • 身長:約188㎝
  • 体重:約97.5㎏
  • ポジション:内野手兼外野手(投手としての出場経験あり)
  • 投球・打席:右投・右打

ブランドン・ディクソン選手は2020年シーズンまではメジャーにて活躍し楽天に入団することになりました。

ブランドン・ディクソン選手はアリゾナ大学2年生の時に、カレッジ・ワールドシリーズ制覇に貢献。

2013年、大学3年生の時には打率.369、30盗塁を記録して注目され、同年のドラフトでロサンゼルス・ドジャースから3巡目指名を受けて入団しました。

2018年(26歳)にシンシナティ・レッズでメジャーデビュー

2019年(27歳)にデトロイト・タイガースに移籍し、タイガースのホームラン王と呼ばれるほどに。

そして2021年シーズンよりブランドン・ディクソン選手の楽天への入団に至ります。

ブランドン・ディクソンの今までの成績は?

ブランドン・ディクソン選手のMLB通算成績(196試合出場)は、打率.228、20本塁打、64打点、5盗塁

ブランドン・ディクソン選手の特徴はこの数字だけでは分かりませんので、少し細かい数字もご紹介します。

ブランドン・ディクソン選手の長打率.410、この数字で、中~長距離バッターであることが分かります。

そして、ブランドン・ディクソン選手の最も出場が多かった2019年の成績に注目してみます。

391打数136三振と3打数に1三振と、高い三振率が目立ちますね。

ブランドン・ディクソン選手のの打撃に期待したいですが、楽天ではどのような成績を残してくれるでしょうか。

また、ブランドン・ディクソン選手の守備は捕手と遊撃手以外は守れるという魅力的なユーティリティー性をもっています。

一番多く出場していたのは一塁手としてですが、メジャー時代には4試合の投手登板経験があります。

石井監督兼GMからブランドン・ディクソン選手の打撃だけではなく走攻守で評価しているような発言があるように、

楽天においてどのような使われ方をするのかが楽しみです。


スポンサーリンク

ブランドン・ディクソンの年俸は?

ブランドン・ディクソン選手の楽天との契約の年俸は、推定約1億500万円です。

ブランドン・ディクソン選手の過去の年俸については情報が少なく、

  • 2018年シンシナティ・レッズと約54万ドル(日本円で約5,600万円)
  • 2019年デトロイト・タイガースと約55万ドル(日本円で約5,700万円)

と推定されています。

ブランドン・ディクソン選手の楽天との年俸と比較すると楽天のブランドン・ディクソン選手に対する期待度がわかりますよね。

ブランドン・ディクソンはオリックスのブランドン・ディクソンとは別人!

実はパ・リーグには既に活躍を続けているブランドン・ディクソン選手がオリックスに所属しています。

オリックスのブランドン・ディクソン選手と今回ご紹介しているブランドン・ディクソン選手とは全くの別人です。

また、同姓同名と思われる方もいるかもしれませんが同姓同名でもないんですよ。

カタカナ表記では同じですが、実際には楽天「Brandon Dixon」とオリックス「Brandon Dickson」と違います。

ちなみにブランドン・ディクソン選手たちのミドルネームも違います。楽天「アレン」、オリックス「リー」です。

野球は関係ありませんが、こう見るとアメリカでの同姓同名はすごい確率なのでしょうか。

楽天対オリックスの試合では、ブランドン・ディクソン選手のほぼ同姓同名対決の実現に期待しましょう。

ブランドン・ディクソンの打撃に期待! -まとめ-

ブランドン・ディクソン選手はどこでも守れるユーティリティープレーヤー。

ユーティリティープレーヤーというと日本人選手では、「小技ができるイメージのプレーヤー」が多いかと思います。

ですがブランドン・ディクソン選手は、本塁打も期待できる打者のようですので、日本でどのような活躍をしてくれるのかが期待できます。

また、オリックスのブランドン・ディクソン選手と登板対決については確立は低いので、投手と打者としての対決を楽しみにしておきましょう。

 

〇プロ野球を見るならスカパー!プロ野球セット〇

セ・パ12球団公式戦 全試合生中継!テレビだけでなく、スマホやPCでも生中継が楽しめます。↓↓ こちらをチェック♪ ↓↓

スカパー!プロ野球セット

コメント

タイトルとURLをコピーしました