スポンサーリンク

チェン・ウェインはロッテから阪神へ移籍!成績や年俸は?

チェン・ウェイン

2021年シーズンよりチェン・ウェイン選手が阪神タイガースに入団しました。

チェン・ウェイン選手は阪神に入団する前から日本で活躍していたことがある選手。

なので、チェン・ウェイン選手を知っている!名前を聞いたことがある!

という人もいるでしょうね。

この記事では、チェン・ウェイン選手が阪神に入団したことやプロフィールについて、成績や年俸、馬主であることをご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

チェン・ウェインはロッテから阪神へ移籍! -プロフィール-

チェン・ウェイン

https://hanshintigers.jp/news/topics/info_7269.html

チェン・ウェイン

  • 生年月日:1985年7月21日(2021年5月現在 35歳)
  • 出身地:台湾
  • 身長:183cm
  • 体重:90kg
  • ポジション:ピッチャー
  • 投球・打席:左投・右打

チェン・ウェイン選手は阪神に入団する前から日本の球団でプレーしていました。

チェン・ウェイン選手は2004年(19歳)から中日ドラゴンズに入団し、プロ入りします。

2008年(23歳)4月2日の巨人戦で来日初勝利、7月16日の巨人戦では先発初勝利を記録!

そして、2009年(24歳)は8月は月間MVPを受賞、更にシーズンを通して最優秀防御率のタイトルも獲得しました。

チェン・ウェイン選手にとって中日時代は飛躍の時期となりました。

そして、2012年(27歳)からは以前より志望していたメジャーリーグに挑戦するという夢が叶い、ボルチモア・オリオールズと契約。

2012年4月10日のニューヨークヤンキース戦でメジャー初先発を果たします。

また、2016年(31歳)にマイアミ・マーリンズと、2020年2月(35歳)にはシアトル・マリナーズとマイナー契約。

2020年9月(36歳)に千葉ロッテマリーンズと契約し、9年ぶりの日本球界の復帰を果たしました。

そして、2021年シーズンよりチェン・ウェイン選手は阪神タイガースに入団することに。

また、チェン・ウェイン選手の阪神での背番号は14番に決定しています。

チェン・ウェイン選手が阪神を選んだ理由として、

「セ・リーグは自分のプロ人生のスタートラインであること。」と話していました。

チェン・ウェイン選手がプロ野球選手としてはじめてプレーしたのがセ・リーグなので、阪神に
何かの縁を感じたのかもしれないですね!

セ・リーグで活躍するチェン・ウェイン選手の姿を見るのが楽しみです。

チェン・ウェインの今までの成績は?

日本、アメリカの地で経験を積んできたチェン・ウェイン選手。

そんなチェン・ウェイン選手の今までの成績についてご紹介します。

まずは、チェン・ウェイン選手の日本での成績です。

2005年、2008年~2011年、2020年の6シーズン、通算131試合に登板し、36勝33敗、534奪三振、防御率は2.58。

特に最優秀防御率のタイトルを獲得した2009年(24歳)の防御率は1.54で、チェン・ウェイン選手の成績の中で自己最高の記録です。

次に、チェン・ウェイン選手のメジャーリーグでの成績ですが、

2012年~2019年の8シーズン、通算219試合に登板し、59勝51敗、846奪三振、防御率は4.18

チェン・ウェイン選手の防御率成績を見比べてみると、メジャーリーグで活躍することの難しさを感じますね・・・。

一方、チェン・ウェイン選手の日本での防御率は2.58となかなかよい成績を収めています。

また、2010年(25歳)は安定した投球で中日のリーグ優勝に貢献していました。

チェン・ウェイン選手のその安定した投球で、阪神を優勝に導いてほしいですね!


スポンサーリンク

チェン・ウェインの年俸は?

チェン・ウェイン選手が阪神と契約した際の年俸は、2年契約で推定2億700万円と言われています。

ちなみに、チェン・ウェイン選手の過去の年俸は、

  • ボルチモア・オリオールズ →3年で総額約13億円
  • マイアミ・マーリンズ →5年で総額約86億円

の契約をしていました。

メジャーリーグ在籍時のチェン・ウェイン選手の年俸は、さすがメジャーリーグ!と思う金額ですよねー。

今回、チェン・ウェイン選手が阪神と契約した金額も1年で考えると年俸1億350万円。

日本球界で1億円プレイヤーになるのはすごいことですよね!

また、阪神で推定1億円を超えた年俸をもらっている選手は2020年だと9名

年俸を先発陣の底上げを狙っている阪神としては、チェン・ウェイン選手に期待をしている年俸なのではないでしょうか。

チェン・ウェインはJRAの馬主資格を持っている!

チェン・ウェイン選手は2011年の中日に在籍していた際に日本中央競馬会であるJRAの馬主資格を取得したんです。

野球選手で馬主、と言えば、大魔神でお馴染みの元横浜の佐々木主浩さんが有名ですね。

ちなみに、JRAの馬主になるためには過去2年の年収が1,700万円以上、資産の額が7,500万円以上であることが条件になります。

2011年当時でチェン・ウェイン選手この条件をクリアしていたということになりますね。

チェン・ウェイン選手はミチャエルという馬を所有しており、2012年に4回ほどミチャエルをレースに出走させていました。

その後、ミチャエルは別の馬主の所有馬となるのですがチェン・ウェイン選手が2012年からはメジャーリーグへ移籍。

馬主として活動することも難しくなったため、ミチャエルを手放したのでしょうか・・・。

2020年からチェン・ウェイン選手は日本に戻っていますし、これから馬主として活動を開始することもあるかもしれないですね!

チェン・ウェインが阪神で活躍するのが楽しみ! -まとめ-

2021年からセ・リーグの阪神タイガースでプレーをすることになったチェン・ウェイン選手。

チェン・ウェイン選手の日本で活躍していた頃のような安定したピッチングで阪神を優勝に導いてもらいたいですね!

また、長らく活動していなかった馬主としての活動も再開するのでしょうか。

チェン・ウェイン選手の活躍を楽しみにしています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました