Sponsored Links

チョコレートでアレルギー症状?くしゃみが出る原因はアレルギー!

食べ物

みんなが大好きチョコレート

チョコレートを食べると食べるとくしゃみが出たり、頭痛がしたりする人いませんか?

前までは、チョコレートを食べても何ともなかったのに、いつの間にか様子がおかしい、ってことがないでしょうか。

実は、チョコレートでアレルギー症状が出ることがあるんです。

この記事では、チョコレートでアレルギー症状が出ることについてや、くしゃみや頭痛などの症状について、原因となるものなどについてご紹介します。

Sponsored Links

チョコレートを食べるとアレルギー症状が出るんです。

私もチョコレートが好きで、特に冬になると食べる量が増えます。

個人的には、冬は特にチョコレートが美味しく感じますが、チョコレートを食べるとアレルギー症状が出るなんて経験したことがありませんでした。

チョコレートを食べ過ぎると、ニキビができるとか、鼻血が出る、なんて話しは良く聞きますが・・・。

子供も大人も好きな人が多いチョコレート、2月にはバレンタインデーがありますが、好きな人がチョコレートでアレルギーが出る人だったら、ちょっと困りますよね。

それぞれの好みもあるので、アレルギーが全てではないですが、チョコレートを食べてアレルギー症状が出る人もいるということで覚えておきましょう。

チョコレートアレルギー症状にはくしゃみや頭痛などいろいろある!

チョコレートアレルギー症状にはくしゃみや頭痛、下痢などいろいろな症状があります。

くしゃみはまだ症状は軽いほうだという情報がありますが、嘔吐・腹痛・けいれん・鼻血などの症状を訴える人もいるようです。

場合によっては、アナフィラキシーショックを起こす可能性もあるそうなので、気を付けないといけません。

ちなみに、カカオが高濃度で含まれているチョコレート限定でくしゃみが出る人や、ダークチョコレートや普通のチョコレートなど、

人によって、アレルギーの出るチョコレートの種類や、症状も様々ですね。

チョコレートアレルギーの原因となるものは?

チョコレートアレルギーの原因となる物質とは、

  • カカオに含まれる「チラミン」「ニッケル」
  • チョコレートができる段階で添加されるもの

が考えられます。

カカオに含まれるチラミン

チラミンとは、カカオに含まれている物質で、高血圧発作や片頭痛を引き起こす原因にもなる化合物です。

カカオの他に、ココア・赤ワイン・チーズ・漬物・イチジクなどに含まれています。

カカオに含まれるニッケル

ニッケルといえば金属では?と気付く方もいるでしょう。

カカオにはニッケルが微量ですが含まれているそうです。

チョコレートを食べてアレルギー症状が出た人は、先ほどご紹介したチラミンではなく、ニッケルに反応している可能性も考えられます。

つまり、金属アレルギーを持っている人は、チョコレートアレルギーに反応する可能性があるということです。

ですが、金属アレルギーだから必ずチョコレートアレルギーと紐ついているわけではないので、特に症状がなければ問題ないでしょう。

金属アレルギーとしての症状は、湿疹・かゆみだそうです。

チョコレートができる段階で添加されるもの

チョコレートの原料は、

  • カカオマス
  • 砂糖
  • ココアバター
  • 大豆レシチン(ミルクチョコレートの場合は乳製品)

で出来ていて、商品によってはナッツや小麦加工品(クッキー・ビスケットなど)が入っているものがあります。

カカオ以外にもアレルギー症状の原因となるものは、チョコレートに含まれる大豆・乳・ナッツ・卵を含む小麦加工品のタンパク質があります。

Sponsored Links

チョコレートなど食物アレルギーの見つけ方のポイント!

チョコレートに限らず、何かを食べると調子が悪くなる、くしゃみが出る、かゆくなるなどアレルギーかも?

と思われる症状が、日頃からあるかもしれません。

あまりにも症状がひどいようなら、病院に行って検査をしてもらうといいですが、

病院へ行く前のアレルギーの原因かどうかを判断するポイントとしてご紹介しておきます。

  • 大好きなもの
  • 週3以上食べている
  • 量をたくさん食べている
  • 長期間食べ続けている(少なくとも1ヶ月以上。半年以上継続している)

上記に当てはまる食べ物が最も執着の高いものであり、アレルギーの可能性が高いのです。

そして、体調が悪くなった時期と摂取量が多くなった時に重なって、症状が出るようです。

思い当たるものがあった時、その食べ物を72時間食べないで我慢できるかどうかを試してみてください。

我慢できないようであれば、アレルギーの原因になっているということです。

また、卵、小麦、牛乳はアレルギーの原因食品として有名です。

他にも、チョコレート・チーズ・コーヒー・もち・ヨーグルト・納豆・ピーナッツ・ポテトチップス・インスタントラーメン・豆乳・パン・砂糖など、

食べるのを控えてみると、調子が良くなる場合があるそうです。

チョコレートアレルギーは大好きだから、起こる可能性がある!-まとめ-

チョコレートでアレルギー症状が出るなんて、チョコレート好きの人からすると考えられないことですよね。

ですが、チョコレートアレルギーの症状として、くしゃみ・頭痛・下痢・嘔吐・腹痛・けいれん・鼻血などいろんな症状があります。

そして、チョコレートアレルギーの原因となる物質が、カカオに含まれる「チラミン」もしくは「ニッケル」です。

また、チョコレートができる過程で添加されるもので、チョコレートに含まれる大豆・乳・ナッツ・卵を含む小麦加工品のタンパク質があり、

アレルギー症状を引き出すものです。

チョコレートを食べてアレルギー症状が出ても、チョコレートに含まれるどの成分が原因かは調べてみないとわかりません。

チョコレートが大好きで食べ過ぎてしまうと、突然アレルギー症状が出た、ということもありますので、

毎日食べ過ぎないように、ほどほどにしておくことが大切ですね。

Sponsored Links

食べ物
poco-chiharuをフォローする
Sponsored Links
Poco-NAVI ポコナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました