スポンサーリンク

江ノ島イルミネーション2019の駐車場6選!混雑具合や開催期間は?

江ノ島イルミネーションとは、湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典~という藤沢市が官民一体となって作り上げた冬のイベントです。

人気のイルミネーションだけあって、クリスマスシーズンや年末年始、バレンタインは混雑が予想されます。

この記事では、江ノ島イルミネーション2019の駐車場情報、例年の混雑具合や開催期間などご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの駐車場6選!

江ノ島イルミネーションはクリスマスや年末年始などのイベントの日は混雑するので、できれば公共交通機関を利用することをおすすめします。

ですが、お子様連れや彼女とデートで、どうしても車でイルミネーションへ行きたい時に気になるのが駐車場の情報です。

江の島島内で利用できる駐車場をご紹介します。

藤沢市観光協会江の島駐車場

収容台数:78台  

24時間営業なので、時間を気にせず利用できますね。

普通車 1時間毎400円 クレジットカード不可

住所:〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島1-6-7

江の島なぎさ駐車場

収容台数:327台

江の島入ってすぐにある駐車場で、江の島シーキャンドルまで徒歩5分です。

1時間 350円
当日最大料金 2000円(宿泊料金500円)
営業時間:7時半~21時

〒251-0036 藤沢市江の島1-2-1

江の島かもめ駐車場

収容台数503台

ヨットハーバーに隣接する駐車場で、江の島シーキャンドルまで徒歩5分です。

1時間 350円
当日最大料金2000円

営業時間:5時~21時半
〒251-0036 藤沢市江の島1-11-1

湘南港臨港道路附属駐車場

収容台数:320台

江の島の南端にある駐車場です。
イルミネーション会場までは徒歩5分です。

1時間 300円 4時間超 1500円 

営業時間:5時~21時半

〒251-0036 藤沢市江の島1-12-2

江の島島外の駐車場

江の島の入り口周辺の駐車場から江の島までは徒歩20分ほどなので、歩くことがそんなに気にならない方は、島外の駐車場を利用するのもいいと思います。

タイムズ鎌倉腰越第2

〒248-0033 神奈川県鎌倉市腰越3-14 

平日 220円/30分 当日最大料金 1320円(24時まで)

土日祝 330円/30分 当日最大料金 1650円(24時まで)

24時になると、一旦リセットされるのでご注意ください!

タイムズ片瀬海岸第6

〒251-0035 神奈川県藤沢市片瀬海岸1-5

平日 220円/30分 当日最大料金 1320円(8時~18時)330円(18時~8時)

土日祝 330円/30分 当日最大料金 2200円 (8時~18時)330円(18時~8時)

江ノ島イルミネーションの例年の混雑具合は?

江ノ島イルミネーションは例年、夏以上に混雑していて、特にクリスマスシーズンは車で行くと大渋滞に巻き込まれて、途中で諦めて帰ったという話しも聞きます。

車で行く場合は、週末など混雑する日はおすすめできません

かといって、公共交通機関でアクセスしても、週末は大混雑するんですよね。

メイン会場であるサムエル・コッキング苑やシーキャンドルに入場するのに1時間以上の待ち時間があったりします。

しかも、どちらも有料なので、それぞれ入場の際に入場券を購入しないといけないので、チケットを購入するのに長蛇の列が・・・。

カップルでデートだと、そんな待ち時間も楽しかったりしますが、待ち時間が長くなってくるとイライラ、喧嘩にでもなってしまったら楽しいデートも台無しですよね。

混雑を避けるには、週末・クリスマス・年末年始は避けて平日にお出かけするのがおすすめです。

ちなみに、混雑する時間帯ですが、日が沈んできてイルミネーションが点灯する時間の17時頃が混雑します

ですので、17時までに会場に到着しておくのがいいでしょう。

そして、雨が降っている日も比較的空いています。

基本的に雨が降っていると外に出かけるのを控えがちですが、そんな時こそイルミネーションへおでかけ!

イルミネーションは雨に濡れて輝きが増しますので、混雑も避けられて、穴場の日と言えます。


スポンサーリンク

江ノ島イルミネーションの開催期間 -詳細情報-

湘南の宝石~江の島を彩る光と色の祭典~

  • 開催期間:2019年11月23日(土)~2020年2月16日(日)
  • 会場:江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル、中津宮広場、亀ヶ岡広場、御岩屋道通り、龍恋の鐘、江の島岩屋、江の島ヨットハーバー
  • 営業時間:江の島サムエル・コッキング苑、江の島シーキャンドル
    平日 17時~20時(最終入場19時半)
    土日祝・12月23日~12月30日 17時~21時(最終入場20時半)
  • 点灯時間:11月23日~1月13日 17時~
    1月14日~2月16日 17時半~

江の島島内各所でがイルミネーションで彩られますので、各スポットの見どころをご紹介します。

光の大空間

江の島シーキャンドルとは展望灯台で、直径70mの広さの空間が360度ライトアップされ、光の大空間が作り出されています。

有料ですが、シーキャンドルに登ることもでき(中学生以上300円)人気の鑑賞スポットです。

湘南シャンデリア

メイン会場である、江の島サムエル・コッキング苑にて、7万個のスワロフスキーを使用したシャンデリアゲートとトンネルが江の島シーキャンドルへと続きます。

キラキラと輝く光のトンネルはまばゆいばかりで、そのトンネルを抜けるとシーキャンドルの光の大空間に圧倒されますよ。

入園は有料で、中学生以上200円です。

お金を払ってでも見る価値あり、必見のスポットですよ。

Enoshima-光-michi

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Hiroshi Horiguchi(@hiroshihoriguchi)がシェアした投稿

江の島弁財天仲見世通りから始まり、各イルミネーションスポットをつなぐ、全長1kmも続くロングイルミネーションです。

江の島の夜景を楽しみつつ、いろんなイルミネーションを鑑賞しながら歩くことができるんです。

光の道をカップルでゆっくり歩くなんて、ロマンティックですよね。

江の島岩屋イルミネーション

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

masami morimori(@morix1_morix1)がシェアした投稿

江の島岩屋とは、波の浸食によりできた洞窟でイルミネーションに飾られて光の洞窟に変身します。

洞窟のイルミネーションなんて、珍しいのではないでしょうか?

11月23日から1月13日までの期間限定で、9時~17時まで点灯しています。

早めに江の島に到着して、メイン会場が点灯するまでに鑑賞を済ませてはどうでしょうか。

ウインターチューリップのライトアップ

江の島サムエル・コッキング苑の入り口には2万株ものチューリップが植えられています。

開花時期にもよりますが、例年12月下旬から1月下旬にかけて、ウインターチューリップが咲き誇り、ライトアップされて華やかな会場となります。

2万株のチューリップって圧巻ですよね!

湘南の宝石フィナーレ

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

るつ(@rururutututu)がシェアした投稿

江ノ島イルミネーションのフィナーレは、会場内がミラーボールアートと光が織りなす
ファンタジックな世界に包まれます。

2月8日から2月16日の期間しか見られない特別な空間、是非体験しに行きましょう!

江ノ島イルミネーションは関東三大イルミのひとつ -まとめ-

江ノ島イルミネーションは、湘南の宝石と銘打っているだけあり、江ノ島全体が宝石のようにキラキラ輝くイルミネーションに包まれます。

いろんな場所を巡りながら、イルミネーションと夜景を楽しめるイベントなので、人気が高く、関東三大イルミネーションの一つに挙げられています。

17時が点灯時間ですが、点灯してから会場に到着すると混雑に巻き込まれる可能性があります。

日が明るい昼間に江の島に到着しておいて、日中の江の島を散策し、イルミネーションが点灯してから同じ景色を見比べてみるのも楽しいかもしれません。

また、混雑している日は、入場券を買うにも行列ができて待ち時間がもったいないので、
事前に購入できる割引チケットを利用するのもおすすめです。

「江の島1dayパスポート eno=pass」というチケットで、江の島サムエル・コッキング苑やシーキャンドルなどが一日何回も利用できます。

そのうえ、飲食店やお土産店で使える割引特典もありとても便利ですね。

事前にチェックして、うまく時間を活用して、ロマンティックなイルミネーションを楽しんでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました