スポンサーリンク

藤浪晋太郎の年俸推移まとめ!経歴や身長体重などプロフィールも!

藤浪晋太郎

2021年シーズン、自身初となる開幕投手に指名された藤浪晋太郎投手。

阪神タイガースに鳴り物入りで入団し、高卒1年目から3年連続二桁勝利をあげるなど素晴らしい成績を残しました。

しかし、ここ数年は制球難に苦しみ思うような成績を残せていない現状もあります。

そんな藤浪晋太郎投手の年棒の推移が気になっている方も多いのではないでしょうか。

この記事では、藤浪晋太郎投手の年棒の推移や経歴、成績や身長・体重などのプロフィールについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

藤浪晋太郎の気になる年俸の推移は?

藤浪晋太郎投手の2021年の年俸は推定6,000万円となっています。

そして、藤浪晋太郎投手が阪神に入団してからの年俸推移は以下の通りです。(全て推定)

  • 2020年 6,300万円
  • 2019年 8,400万円
  • 2018年1億2,000万円
  • 2017年1億6,000万円
  • 2016年1億7,000万円
  • 2015年 8,500万円
  • 2014年 4,500万円
  • 2013年 1,500万円

藤浪晋太郎投手の年俸は最高時は入団4年目に1億7,000万円もの金額まで上がりました。

ところが、その後藤浪晋太郎投手のスランプにより減棒が続いています。

また巻き返してほしいところですね。

藤浪晋太郎の経歴はスゴい!

藤浪晋太郎投手は、2012年にドラフト会議で阪神タイガース以外からの指名を受けるほど有望視された選手だったのです。

ちなみに、他の球団は東京ヤクルトスワローズ、オリックスバファローズ、千葉ロッテマリーンズです。

そして、4球団の競合の末、藤浪晋太郎投手の地元球団でもある阪神タイガースが交渉権を獲得し、入団に至りました。

そんな藤浪晋太郎投手はプロ入り前から圧倒的な成績を残しています。

藤浪晋太郎投手は小学1年生から野球を始め、中学生の時には最高球速142kmを記録しており中学日本代表にも選出。

中学卒業後は、全国屈指の名門大阪桐蔭高等学校に進学しています。

高校時代は1年生の時からベンチ入りを果たし、2年の春にはエースとして活躍。

そして、3年生の時には現西武ライオンズの森友哉選手とともに、史上7校目となる甲子園春夏連覇を成し遂げています。

ちなみに、藤浪晋太郎投手の甲子園での投球成績も圧巻の内容で、通算76回を投げ防御率1.07、90奪三振、奪三振率10.66。

歴代の甲子園投手の中でもトップクラスの成績を残しています。

また、甲子園終了後には高校日本代表にも選ばれ世界大会に出場、ベストナインに相当するオールスターチームにも選ばれています。

10月には高校最後の大会となる「ぎふ清流国体」でも優勝し、史上3校目となる高校三冠を達成しています。


スポンサーリンク

藤浪晋太郎の今までの成績は?

藤浪晋太郎投手は入団後、高卒1年目から3年連続で二桁勝利を達成しています。

そのまま阪神タイガースのエースとして活躍が期待されていましたが、藤浪晋太郎投手に不調の波が押し寄せます。

元々藤浪晋太郎投手は四死球は少なくない投手でしたが、打者の頭部付近を通過する荒れ球が目立ち始めました。

藤浪晋太郎投手はそれを意識するあまり、持ち味であった速球も打ち込まれるケースも増えます。

その後もなかなか改善する傾向は見られず、2017年以降は勝ち星を得ることができないシーズンが続きました。

2020年シーズンには藤浪晋太郎投手は中継ぎに転向

長いイニングを気にせず思い切りよく勝負することができ、復調の兆しを見せてシーズンを終えました。

藤浪晋太郎投手の今までの成績をご紹介します。

  • 2013年 24試合登板、10勝6敗 126奪三振 防御率2.75
  • 2014年 25試合登板 11勝8敗 172奪三振 防御率3.53
  • 2015年 28試合登板14勝7敗 221奪三振 防御率2.4
  • 2016年 26試合登板 7勝11敗 176奪三振 防御率3.25
  • 2017年 11試合登板 3勝5敗 41奪三振 防御率4.12
  • 2018年 13試合登板 5勝3敗 70奪三振 防御率5.32
  • 2019年 1試合登板 0勝0敗 3奪三振 防御率2.08
  • 2020年 24試合登板 1勝6敗 85奪三振 防御率4.01

藤浪晋太郎の身長や体重は? -プロフィール-

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

藤浪 晋太郎(@fujinami_shintaro)がシェアした投稿

藤浪晋太郎 (ふじなみ しんたろう)

  • 生年月日:1994年4月12日(2021年3月現在 26歳)
  • 出身地:大阪府堺市南区
  • 身長:197㎝
  • 体重:100㎏
  • ポジション:投手
  • 投球・打席:右投・右打
  • 高校:大阪桐蔭高等学校

藤浪晋太郎投手は身長197㎝体重100㎏と、体の大きなプロ野球選手の中でもひときわ目立つ存在です。

そして、藤浪晋太郎投手の身長はなんと小学校卒業時点で180.2cm、中学卒業時点で194㎝にも成長!

現在でもその長身から繰り出される最速162㎞のストレートを軸に、

スライダー、カットボール、ツーシーム、フォーク、カーブなどの変化球を投げ分けます。

藤浪晋太郎の更なる活躍を心待ちに! -まとめ-

一時は1億7,000万円もの年棒を得ていましたが、不調が続き2021年の年棒は6,000万円となった藤浪晋太郎投手。

ここ数年はなかなか期待されているような結果が残せないシーズンが続いています。

しかしながらプロ入り前までの経歴は圧倒的で、球界のエースとなれる資質を持った選手です。

藤浪晋太郎投手がプロ最初の3年間のように躍動する姿を期待して応援しましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました