スポンサーリンク

花粉症対策に良い食べ物や飲み物6選!生活習慣で気を付けることは?

鼻がムズムズ、くしゃみや鼻水が出て、花粉症がひどいとストレスですよね。

毎年、少しでも症状が軽くなるように花粉症対策を試みますが、どれが良い方法なのかいまいちわからない・・。

病院に行くほどじゃないけど、花粉症対策を食べ物や飲み物でできれば理想的ではないですか?

この記事では、花粉症対策に良い食べ物や飲み物についてや、生活習慣で気を付けること、いつから準備すればいいか、などをご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

花粉症対策に良い食べ物や飲み物6選!

病院に行って、薬を処方してもらえば、花粉症の症状は軽減されるでしょう。

でも、花粉症の薬って飲むと眠くなるとか言いますよね。

花粉症の対策は身近な食べ物や飲み物で効果があると、体にも良さそうですし、コストも抑えられると思います。

それでは、花粉症に良いとされている食べ物や飲み物をご紹介しますのでご参考にどうぞ。

乳酸菌飲料やヨーグルト

腸内細菌のバランスが崩れてしまうと、免疫力が落ちてアレルギー症状が出やすいと言われています。

腸内の善玉菌の数を増やして、バランスを整える必要があるので、善玉菌を多く含む乳酸菌飲料やヨーグルトを食べるといいでしょう。

腸内の善玉菌を増やすためには、積極的に乳酸菌を摂ることが大切。

手軽な乳酸菌飲料で腸内環境を整えておきましょう。

また、腸内環境を整えるという意味で、キムチやぬか漬けなどの発酵食品もおすすめです。

根菜

更に、腸内環境を良くするために、食物繊維の摂取もおすすめします。

善玉菌は、食物繊維をエサにしており、腸内の善玉菌を増やすためには食物繊維はかかせません。

食物繊維たっぷりの食べ物といえば、ごぼうや人参、れんこんなどの根菜。

普段の食生活に少し多めに取り入れてみましょう。

きなこ

善玉菌を増やすエサとなる栄養素は、オリゴ糖もあるんです。

食物繊維にオリゴ糖が加わると、腸内環境はバッチリ整いますよ。

砂糖の代わりにオリゴ糖を置き換えてもいいですし、きなこ・ごぼう・いんげん・バナナは、食物繊維+オリゴ糖をバランス良く含んだ食品です。

ライスミルク

アーモンドミルクも話題になりましたが、玄米と水からできるライスミルクも注目されています。

豆乳よりもカロリーが低く、牛乳が苦手だったり、アレルギーのあるお子さんにも安心して飲んでもらえます。

玄米からできるライスミルクには、ビタミンや食物繊維が豊富で、ライスミルクに含まれるポリフェノールの一種に、

抗アレルギー作用があるのだそうです。

だから、花粉症におすすめとされています。

楽天市場でライスミルクを探してみる

甜茶

甜茶には、甜茶ポリフェノールが含まれており、ヒスタミンの分泌を抑える効果があると言われています。

ヒスタミンは、アレルギーの原因物質で、かゆみ・くしゃみ・鼻水などが出てきます。

甜茶ポリフェノールは、アレルギーの原因となるヒスタミン分泌を抑える働きがあるんですね。

花粉が飛び始める前から甜茶を飲み続けると、アレルギーの緩和が期待できますよ。

ちなみに、甜茶は緑茶などとは違って、様々な木の葉を使って作られます。

様々な木の葉って・・ちょっと怪しげにも聞こえますが、中国では健康茶として馴染みが深いお茶なのです。

そして、花粉症に効果のある甜茶は、バラ科のテンヨウケンコウシを使用したものだけです。

甜茶を購入する時には、品種のチェックもお忘れなく!

甜茶は、沸騰したお湯に入れて3~5分煮出すと成分を十分に出すことができるとのことですので、しっかりと煮出しましょう。

楽天市場で甜茶を探してみる

カテキンを含むお茶

お茶は、毎日飲む人が多いので、手軽にできる花粉症対策ではないでしょうか。

緑茶には、カテキンというポリフェノールが多く含まれていて、吸収力が良く、粘膜を保護する作用があります。

緑茶の中でも、特に注目されているのが、「べにふうき」です。

べにふうきは、抗アレルギー作用のあるメチル化カテキンを含み、鼻水や鼻づまりに効果があります。

強い渋みがありますが、熱湯で入れたお茶を温かいうちに飲むことでカテキンの吸収率が高まります。

花粉症対策に良い食べ物や飲み物に即効性はある?

花粉症の対策に良い食べ物や飲み物は即効性があるのかどうかが気になります。

花粉症に効果があると言われている食べ物については、研究されていますが、「食べればすぐ治る」いう即効性があるものは、まだ解明されていません。

とあるアンケートで全国の医師を対象に、「花粉症におすすめする食べ物・飲み物」をきいたところ、大半の医師が「特にない」という回答でした。

これは、「明らかに有効と言えるものはない」という理由からとのことで、花粉症に絶対に効くと言われる物は現状はないということですね・・・。

ですが、先ほどご紹介した食べ物や飲み物は、毎日継続して摂取することで、体調を改善して、花粉症の症状を和らげることは可能ですので、

一度試してみるといいでしょう!


スポンサーリンク

花粉症対策に生活習慣で気を付ける事3選!

花粉症の症状を緩和するために、病院に行って薬を処方してもらうことが、一番の近道と言えます。

ですが、花粉症の時期は病院が混み合いますし、薬を飲むことに抵抗がある人は、食事や生活習慣を改善するのはいかがでしょうか。

花粉症対策として生活習慣で気を付ける事をご紹介します。

花粉を体内に入れない

花粉症の症状がひどくならない一番の方法が、「花粉を体内に入れない」

この一言に尽きます!

花粉は鼻と口から体内に侵入してきますので、マスクで鼻と口をふさぎましょう。

特に、花粉症用のマスクを正しく装着すると、花粉の7~8割はシャットアウトできます。

マスクの正しい装着ポイントは、

  • 顔に合ったサイズのマスクを選ぶ
  • ノーズクリップの形を鼻に合わせる
  • プリーツを伸ばし、鼻から顎まで隠れるようにする
  • くしゃみや鼻水で内側が汚れたら、すぐに交換する

わかっているようで、実践できてなかったりしますよね。

汚れたらすぐに交換するなんて、なかなかできていませんでしたよ・・・。

交換できるように、数枚を持ち歩くようにしておけばいいですね!

 

粘膜から花粉を取り除く

花粉の侵入は100%防ぐことはできませんので、目や鼻や喉の粘膜についた花粉は取り除きましょう

洗眼

目についた花粉を取り除くには、しっかり洗眼です。

水道水で洗眼すると、涙まで洗い流してしまうので、洗眼薬を使いましょう

洗眼薬の用法・用量を守って使用してくださいね。

鼻うがい

鼻の粘膜についた花粉を取り除くには、鼻うがいが効果的です。

水道水で鼻うがいをすると、浸透圧の関係で鼻の奥がツーンと痛くなるので、鼻うがいの方法です。

  • 水道水を人肌程度に温め、0.9%食塩水を作る
    (1Lの水に対して9gの食塩を溶かす)

  • 先が細くなっているボトルなどに入れて、鼻の奥に流し込んで吐き出す。

食塩水を入れるボトルは事前に消毒をしておくと安心ですね。

また、鼻うがい用の液剤も販売されているので便利です。

うがい

喉の粘膜に花粉がつくと、喉がイガイガ、なんてこともあります。

うがいもやっておくと風邪予防にもなりますしね。

ガラガラペッと顔を上げてするうがいだと、喉の奥に花粉が残ってしまう可能性があります。

口に水を含んで、クチュクチュペッとするだけでも効果があるんですよ。

免疫力を上げる生活習慣

体の免疫力を上げると、アレルギーの症状が緩和されるといいますので、生活習慣からも免疫力アップを狙うのもおすすめです。

  • 体を冷やさない
  • 睡眠をしっかりとる
  • 適度な運動
  • ストレスをためない

以上のことに気を付けて生活習慣を改善してみましょう!

花粉症対策は1月ごろから準備開始をしよう!

花粉症対策は1月から準備をしていくようにしましょう。

何事も早めに準備しておくことが結果につながりますよね。

スギ花粉は1月から飛散していて、本格的に飛散量が増えるのが、2月~4月

ヒノキ花粉は3月~4月と、3月は花粉症の人にとって、本当に辛い時期になります。

花粉が本格的に飛散する前に、少しでも体調を整えておけば、花粉に負けない体になるはず!

もし、薬を服用する場合は、花粉が飛散する前の2週間前から服用します。

●花粉症の症状で咳だけが出ることもある!・・・こちらの記事もご覧ください♪

花粉症なのに咳だけ出ることもある!咳で喉が痛い場合に止める方法は?
花粉症の主な症状が出ていなくても咳だけが出ることもある!花粉症で咳が出て喉が痛い場合はどうすればいいでしょうか。この記事では、花粉症なのに咳だけ出る症状について、咳が出て喉が痛い時に咳を止める方法、咳が止まらない場合についてご紹介します。

花粉症対策は食べ物や飲み物で気軽にできる! -まとめ-

毎年、花粉症の時期が近づくと、辛いなぁと嫌~な気持ちになりますよね。

私は、重症ではないですが花粉症持ちで、病院には行かず自力で乗り越えています。

病院に行きたい・・と思う時もありますが、待ち時間がものすごく長いのが嫌で、諦めているんです。

花粉症対策に良い食べ物や飲み物を食生活に取り入れて、体調を整えることで、症状を緩和することが期待できます。

でも、花粉症にすぐに効く!即効性のあるものではないので、ご了承くださいね。

ポイントは、腸内環境を整えることと、抗アレルギー作用のあるものを選ぶこと。

腸内環境を整える事は、花粉症だけでなく、健康な生活を送るために必須条件ともいえるので、是非実践してみてください。

一方、高脂肪の食べ物やアルコールは腸内の悪玉菌を増やしたり、花粉症症状の緩和を妨げますので、控えた方がいいものです。

あわせて、マスクの着用や、洗眼・うがいを取り入れたり、生活習慣を改善して、花粉症の症状を緩和するのにチャレンジしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました