スポンサーリンク

キムラ緑子が旦那のマキノノゾミと復縁した理由に驚き!出身大学は?

キムラ緑子

2000年ごろから現在まで幅広いドラマに出演している名バイプレイヤー、キムラ緑子さん。

印象の異なる役を見事に演じ分けることから「カメレオン女優」と表現されることも多いですね。

2010年に演出家のマキノノゾミさんと結婚し、現在に至ります。

しかし、実はマキノノゾミさんとの結婚は2回目でした。

この記事では、キムラ緑子さんの旦那さんのマキノノゾミさんについて、また復縁した理由、出身大学と出身地などのプロフィールも紹介します。

  

スポンサーリンク
スポンサーリンク

キムラ緑子の旦那は演出家のマキノノゾミ!

キムラ緑子

引用元:https://post.tv-asahi.co.jp/post-112605/

キムラ緑子さんの旦那さんは演出家のマキノノゾミさんです。

2人の現在の結婚生活は2010年からとなっていますが、実はこの結婚は2回目

1回目の結婚は1992年から2005年までの13年間でした。

2005年の離婚は、演出家であるマキノノゾミさんの奥さんだから仕事がもらえているというイメージを払拭したいとキムラ緑子さんから切り出しました。

キムラ緑子さんからの急な申し出に、マキノノゾミさんは「離婚後も毎日必ず連絡を取り合う」という約束をして了承しました。

離婚後、キムラ緑子さんは女優として活躍し、ドラマに映画、地方公演と自力で地位を確立することとなります。

キムラ緑子さんは自分のキャリアを自力で積み上げていくために離婚を決意したということでした。

2人は後の2010年に再婚することとなるのですが、嫌いなので離婚したわけではなかったので、それも必然と言えるのかもしれませんね。

キムラ緑子が復縁した理由は?

キムラ緑子さんとマキノノゾミさんは5年の空白ののち復縁しています。

お互い嫌いあっての離婚ではなかったとはいえ、どのような経緯で再婚に至ったのでしょうか。

キムラ緑子さんとマキノノゾミさんの復縁の鍵は「猫」だったそうです。

というのも、キムラ緑子さんには愛猫がおり、離婚後はその猫をマキノノゾミさんに預けていました。

キムラ緑子さんの離婚後は精力的に女優活動を行なっており、地方公演も多かったためです。

長い間猫を預けていた結果、想像以上にマキノノゾミさんに愛猫がなついてしまいました。

そうなってしまっては引き離すのはかわいそうだと、マキノノゾミさんの家にキムラ緑子さんも住むことになったのだとか。

一緒に住むというからには籍を入れようという話になり、2010年の再婚に至ったというわけです。

きっと猫のことはきっかけにすぎず、2人はずっとお互い好き同士だったのでしょうね。


スポンサーリンク

キムラ緑子の出身大学はどこ?

キムラ緑子さんは同志社女子大学の出身です。

学芸学部英文科に所属しており、演劇には全く興味がなかったそうです。

しかし、大学2年生の時に友人に誘われて観た舞台がキムラ緑子さんの人生を変えました。

その舞台とは、なんと現在の旦那さんであるマキノノゾミさんが手がける舞台だったのです。

キムラ緑子さんより2歳年上で当時同志社大学の4年生だったマキノノゾミさんは、演劇サークル「第三劇場」の中心人物でした。

マキノノゾミさん自身と、マキノノゾミさんの舞台に一目惚れしたキムラ緑子さんは、すぐに第三劇場に入部しました。

このことをきっかけに、キムラ緑子さんの女優人生が始まったのです。

キムラ緑子さんは同志社女子大学時代に、女優という生き方と生涯のパートナーに出会ったのでした。

キムラ緑子の出身地は? -プロフィール-

キムラ緑子(きむら みどりこ)

  • 生年月日:1961年10月15日(2020年10月現在 58歳)
  • 出身地:兵庫県洲本市
  • 血液型:O型
  • 身長:161cm
  • 体重:48kg
  • 趣味:ピアノ、華道、剣道

キムラ緑子さんは58歳になった今でも美しいスタイルを保っていますよね。

しかし、昔は太っていたようであだ名は「一二三ちゃん」でした。

このあだ名は「一重(ひとえ)の目、二重アゴ、三段腹」から来ていたそうです。

高校の時に15キロのダイエットに成功し、今の体型になったのだとか。

それ以降は男性によくナンパされるまでになったそうです。

そして、キムラ緑子さんの出身地は兵庫県の洲本市(淡路島)です。

高校までを地元で過ごし、大学に入学する際に京都に移り住みました。

大学時代にマキノノゾミさんと演劇という運命の出会いを果たし、両親の反対を押し切り女優の道を選びました。

その後、23歳で上京を果たしています。

23歳で上京してからは、マキノノゾミさんが旗揚げした劇団「M.O.P」の看板女優として参加。

2010年の劇団解散まで、活躍し続けました。

2013年に出演した朝ドラ「ごちそうさん」でヒロインの杏をいじめる義姉・西門和枝役を演じて一躍注目を集めました。

キムラ緑子さんはテレビや映画でブレイクするまでの期間が長かった女優さんです。

しかし、劇団での下積みがしっかりあるからこそ、今の活躍があるのかもしれませんね。

キムラ緑子は遅咲きの実力派女優! -まとめ-

カメレオン女優と名高い、キムラ緑子さん。

旦那さんのマキノノゾミさんは同志社女子大学時代からの知り合いで、キムラ緑子さんが女優を志したきっかけでもあります。

2005年に一度離婚しているものの、お互い大切な存在だったようで、2010年に再婚しました。

大好きな旦那さんと離れる選択をしてまで、ひたむきに女優業に励んできました。

今後もその真面目さと才能で様々な演技を見せてくれることでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました