スポンサーリンク

北山亘基の出身中学や高校などプロフィール!通算成績や球種・球速は?

ドラフトは毎年スター選手のチームが大きく注目されます。

しかし、そんな選手の影では、ドラフト指名されるかされないかの当落線上の選手もたくさんいます。

2021年ドラフト会議にで北海道日本ハムファイターズから8位指名をされた北山亘基選手はまさにそのような選手ですね。

無事に指名をされた北山亘基選手の出身中学や高校が気になるところです。

この記事では、北山亘基選手の出身中学や高校、通算成績、球種や球速についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

北山亘基の出身中学や高校は? -プロフィール-

北山亘基(きたやま こうき)

  • 生年月日:1999年4月10日(2021年10月現在22歳)
  • 出身地:京都府京都市
  • 身長:182cm
  • 体重:80kg
  • ポジション:ピッチャー
  • 投球・打席:右投・右打
  • 所属:京都市立周山中学校→京都成章高校→京都産業大

北山亘基選手は京都府京都市出身の選手です。

北山亘基選手の出身中学と高校は、それぞれ京都市立周山中学校、京都成章高校となっており、大学は京都産業大に進学をしています。

京都でずっと野球をしてきた選手ですね。

北山亘基選手は小学3年生の頃に野球を始めます。

中学では軟式野球部に所属をしており、高校は京都成章高校に進学をしています。

京都成章高校はラグビーの名門として知られる他、野球でもプロ野球選手を輩出している高校です。

そんな京都成章高校で北山亘基選手は1年生の頃からベンチ入り。

高校3年生の頃には夏の甲子園にも出場をしています。

甲子園では力投を見せ、プロ志望届けを提出しますが、残念ながら指名漏れ

このレベルの選手でも指名をされないのがプロの厳しさですね。

大学は京都産業大学に進学をします。

大学では着実に実力をつけ、4年生の秋季リーグには自己最速の153km/hを出すまでに成長をします。

そして、高校から数えて4年越しにプロとして北海道日本ハムファイターズに指名をされました。

北山亘基の通算成績は?

北山亘基選手の大学時代の通算成績も気になりますよね。

北山亘基選手の通算成績ですが、以下の通りです。

36試合 12勝9敗 196投球回 防御率1.97 奪三振率8.86 四死球率1.07

北山亘基選手は主に先発としてチームを引っ張り、196投球回で防御率1.97という成績を残しています。

四死球率も低いですし、安定感のある投球を期待できます。


スポンサーリンク

北山亘基の球種や球速は?

北山亘基選手の球種や球速などの細かいポテンシャルも気になりますよね。

北山亘基選手ですが球速としては最高球速153km/hとなっています。

試合としては大体140km/h前半の平均が多いです。

しかし数字以上に北山亘基選手のストレートは回転数が多いノビのあるストレートだと言われています。

なのでバッターボックスに立つと、バッターは表示球速以上の体感になるでしょう。

そして球種としてはスライダー、カットボール、カーブ、チェンジアップ、スプリットなどといった球種を操ります。

ピッチングスタイルはまさに右の本格派といった感じで、プロでも十分に活躍できるポテンシャルは持っています。

ですが、実際北山亘基選手はドラフト8位ということで順位としては低くなっています。

その理由としては、北山亘基選手はまとまりのある本格派のピッチャーではありますが、突出した武器は持っていないことが挙げられます。

プロで勝負する以上、ストレートの他にも決め球となる変化球が必要になっていきます。

ただ逆を言えば、そのような武器さえ身につければプロでも第一線で活躍できる可能性はあります。

近年は、ドラフト下位や育成選手からでもプロの一線で活躍する選手は増えています。

ぜひ北山亘基選手には自分の武器を見つけ、磨き上げたうえで活躍をしてもらいたいですね。

北山亘基はドラフト下位からエースを狙う本格派! -まとめ-

北山亘基選手は京都府京都市出身の選手です。

出身中学と高校は京都市立周山中学校、京都成章高校であり、大学は京都産業大に進学をしています。

北山亘基選手はまさに右の本格派といったピッチャーであり、まとまりのある投球が武器です。

しかしその分突出した武器が少なく、ドラフトでは低順位での指名となっています。

ですが逆を言えば、何かのきっかけで武器さえ身につければ十分にプロで活躍できるポテンシャルは持ってるはずです。

北山亘基選手の活躍には期待したいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました