スポンサーリンク

古賀悠斗の出身中学や高校などプロフィール!通算成績や守備は?

ペナントレースの行方も気になりますが、来季の戦力のためのドラフトにも注目ですね。

2021年のドラフト注目選手の一人が古賀悠斗選手です。

古賀悠斗選手はキャッチャーとしては非常にハイレベルであり、ドラフトでも上位候補となっています。

そんな古賀悠斗選手の出身中学や高校など詳しいことが気になりますよね。

この記事では、古賀悠斗選手の出身中学や高校、通算成績、守備やアピールポイントについてご紹介していきます。
 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

古賀悠斗の出身中学や高校は? -プロフィール-

古賀悠斗(こが ゆうと)

  • 生年月日:1999年7月5日(2021年10月現在22歳)
  • 出身地:福岡県筑紫野市
  • 身長:173cm
  • 体重:85kg
  • ポジション:キャッチャー
  • 投球・打席:右投・右打
  • 所属:筑紫野市立筑山中学校→福岡大付属大濠高校→中央大

古賀悠斗選手は福岡県出身の選手です。

古賀悠斗選手の出身中学は筑紫野市立筑山中学校で、高校は福岡大付属大濠高校です。

小学2年生の頃に野球を始め、6年生の頃には九州大会で優勝をしています。

中学生の時点でピッチャー兼キャッチャーで、136km/hを記録していました。

そんな古賀悠斗選手の高校は福岡県の強豪である福岡大大濠高校。

福岡大大濠は数多くのプロ野球選手を輩出しています。

現役選手ですと現横浜DeNAベイスターズの坂本裕哉選手やオリックスバファローズの山下舜平太選手もOBですね。

古賀悠斗選手は高校では1年でレギュラーを獲得、2年生からはキャッチャーやリリーフとしても活躍をします。

3年生春にはセンバツ大会に出場をしたほか、U-18の日本代表に選ばれるなど着実にキャリアアップをしていきます。

そして、古賀悠斗選手は中央大学に進学をします。

中央大学ではキャッチャーに専念をし、2年春からレギュラーを獲得。

キャッチャーとして攻守に活躍を見せて大学ベストナインにも選ばれます。

古賀悠斗選手のキャッチャーとしてのレベルは非常に高く、2021年ドラフトの中でも上位指名確実の選手と言えるでしょう。

古賀悠斗の通算成績は?

古賀悠斗選手ですが、大学リーグの通算成績は以下のようになっています。

65試合 打率.243 本塁打4 打点20 出塁率.372

通算成績だと打率も低く見えます。

ですが、2019年春にはリーグ戦打率.350、2021年春には.341という成績を残しており、バッティングは十分期待することができます。

キャッチャーは守りが重要なポジションではありますが、それでも打てなければどうしようもありません。

近年ではキャッチャーで打てる選手が少なくなってきていることから、尚更打てるキャッチャーは魅力的ですね。

また、中央大学出身のキャッチャーといえば、やはり現巨人二軍監督の阿部慎之助氏ですよね。

古賀悠斗選手のキャッチャーとしての素質の高さは阿部監督に匹敵するレベルだと私は思っています。

ぜひ古賀悠斗選手には球界を代表するキャッチャーになってもらいたいですね。


スポンサーリンク

古賀悠斗の守備やアピールポイントは?

古賀悠斗選手ですが守備やアピールポイントはどうなのでしょうか?

古賀悠斗選手はキャッチャーとしての守備の評価ももちろん高いです。

キャッチャーとしてのインサイドワークやキャッチングもそつなくこなす他、ピッチャーへの声かけなども率先して行うリーダーシップもあります。

このような数字に出ないキャッチャーの能力が高いのは魅力ですね。

そして古賀悠斗選手のアピールポイントとしてはその肩の強さです。

古賀悠斗選手の二塁送球タイムとしては1.9秒から2秒ほどになっており、これはプロでも高水準となっています。

ぜひ古賀悠斗選手には守備でもチームを引っ張る存在となってもらいたいですね。

古賀悠斗は攻守に輝く注目キャッチャー! -まとめ-

古賀悠斗選手は福岡県出身の選手です。

出身中学や高校、大学は筑紫野市立筑山中学校、福岡大付属大濠高校、中央大となっていて、巨人二軍監督の阿部慎之助氏の後輩ですね。

古賀悠斗選手のキャッチャーとしての能力は非常に高く、攻守に存在感を見せてくれる選手です。

ドラフトでも上位指名が十分考えられます。

古賀悠斗選手には先輩である阿部氏のような球界を代表するキャッチャーになってもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました