スポンサーリンク

黒原拓未の出身中学や高校などプロフィール!通算成績や球種・球速は?

2021年ドラフトも注目選手がたくさんいますが、その中でもドラフト上位指名の可能性が高いのが黒原拓未選手です。

2021年のドラフトは高校生が注目とされていますが、その中でも大卒即戦力として期待がかかります。

そんな黒原拓未選手の出身中学や高校が気になりますね。

この記事では黒原拓未選手の出身中学や高校、通算成績、球種や球速についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

黒原拓未の出身中学や高校は? -プロフィール-

黒原拓未(くろはらたくみ)

生年月日:1999年11月29日(2021年10月現在21歳)
出身地:和歌山県海南市
身長:173cm
体重:76kg
ポジション:ピッチャー
投球・打席:左投・左打
所属:海南市立海南中学校→智辯和歌山高校→関西学院大学

黒原拓未選手は和歌山県出身の選手です。

黒原拓未選手の出身中学と高校は、海南市立海南中学校、智辯和歌山高校であり、大学は関西学院大学大学に進学をしています。

小学1年生の頃に野球を始めると、中学では軟式野球部に所属。

そして高校は和歌山県の名門校である智辯和歌山高校に進学をします。

智辯和歌山時代では2年生からエースとして活躍。

高校3年生時には夏の甲子園にも出場をしました。

大学は関西の強豪校である関西学院大学に進学をします。

大学では1年生からリーグ戦にも登板し、2年生からはエースとして活躍。

4年生時にはリーグ戦では防御率0.88という圧倒的な数字を残し、MVPや最優秀投手賞、ベストナインを総なめにします。

アマチュアでの実績を着実に重ねていき、無事にドラフト上位指名確実の選手にまで成長をしました。

黒原拓未の通算成績は?

黒原拓未選手の通算成績も紹介をしていきます。

黒原拓未選手のリーグ戦の通算成績は以下のようになっています。

44試合 13勝15敗 222.1投球回 防御率2.75 奪三振率7.21 四死球率3.93

黒原拓未選手ですが、通算の防御率は2.75です。

これは1年、2年時には調子が上がらず防御率が高かっため、4年生時に0点台を出しても防御率が高くなってしまっています。

しかし、このことから黒原拓未選手は課題をしっかり克服して、ドラフトで最も重要な4年時にピークを持って来れたということがわかります。

また投球回は200を超えており、このことからも黒原拓未選手のタフネスっぷりがわかりますね。

プロの世界でも先発投手として十分活躍できる可能性は高いはずですよ。


スポンサーリンク

黒原拓未の球種や球速は?

黒原拓未選手の球種や球速などのポテンシャルも紹介していきます。

黒原拓未選手ですが、最高球速は150km/hです。

球種としては、スライダーやカットボール、カーブ、チェンジアップ、フォーク、シュートと多岐にわたる変化球を操ります。

黒原拓未選手の武器はストレートであり、回転数が高く球速よりも早く見えるタイプの球質を持っています。

またこのストレートとの球速差が少ないカットボールも織り交ぜることで、バッターを打ち取っていきます。

黒原拓未選手の投球フォームの特徴としては、常にクイックで投球をしています。

右足はほとんど上げず、最短距離での投球フォームとなっているので、ランナーは走りにくいでしょう。

このクイックのフォームで、球速も十分に出ていますし、コントロールも大きく乱れることはありません。

即戦力左腕として期待も大きいですし、ドラフト上位指名が十分に考えられますよ。

黒原拓未はクイックで惑わす即戦力左腕! -まとめ-


黒原拓未選手は和歌山県出身の選手です。

出身中学と高校は海南市立海南中学校、智辯和歌山高校であり大学は関西学院大学に進学をしています。

黒原拓未選手は着実に実力を積み重ねていき、4年時に見事にピークを持っていきました。

常時クイックで投げられるボールは回転数が高く、カットボールを織り交ぜることで打者を打ち取っていきます。

即戦力左腕として期待も大きいですし、ドラフトの結果がどうなるか気になりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました