スポンサーリンク

正木智也の出身中学や高校などプロフィール!通算成績や守備は?

2021年のシーズンも終盤になってきました。

この時期はチームの順位争いも気になりますが、来季へのドラフトも注目ですよね。

そんな2021年のドラフトで注目選手の一人が正木智也選手です。

正木智也選手は期待のスラッガーであり、1年目からでも十分の成績を残せるだろうポテンシャルを秘めています。

この記事では、正木智也選手の出身中学や、高校、通算成績やアピールポイントについてご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

正木智也の出身中学や高校は? -プロフィール-

正木智也(まさき ともや)

  • 生年月日:1999年11月5日(2021年10月現在21歳)
  • 出身地:東京都
  • 身長:182cm
  • 体重:87kg
  • ポジション:外野手、ファースト
  • 投球・打席:右投・右打
  • 所属:大田区立雪谷中学校→慶應高校→慶應大学

正木智也選手の出身中学は大田区立雪谷中学校、高校は慶應高校となっています。

正木智也選手は兄の影響で小学2年生の頃から野球を始めました。

中学ではクラブチームに所属をしており、全国大会にも出場をしています。

そして高校は私立の名門慶應高校に進学をします。

正木智也選手の高校時代は現北海道日本ハムファイターズの清宮幸太郎選手とはライバル関係にあり、お互いに意識をしあった存在でした。

慶應高校では4番として活躍をして、高校通算50本塁打を放っています。

また、大学はそのまま六大学の名門慶應大学に進学をします。

慶應大学では2年生からクリーンナップを任され、3割を超えるアベレージを残すなどチームを引っ張ります。

2021年ドラフト会議では野手の目玉の選手の一人ですね。

正木智也の通算成績は?

正木智也選手の六大学リーグの通算成績は以下のようになっています。

61試合 打率.299 打点43 本塁打10 出塁率.425

通算打率では残円ながら3割には乗りませんでしたが、しかしどの数字も高水準をマークしていますね。

実際、正木智也選手は大学野球での日本代表にも選出されており、その実績は十分です。

またこの成績の中でも注目なのが出塁です。

打率に対して1割近く出塁率が高いことから、正木智也選手は高い選球眼の持ち主ということがわかります。

いくらバッティング能力が高くても選球眼が悪ければ、プロではなかなか通用はしません。

その点、正木智也選手の選球眼の高さはプロ向きと言えるかもしれません。


スポンサーリンク

正木智也の守備は?アピールポイントも紹介!

正木智也選手の守備やアピールポイントも気になりますね。

正木智也選手ですがポジションとしては外野手とファーストになります。

ただファーストは外国人との兼ね合いもありますし、プロでは外野手で勝負することになりそうです。

正木智也選手は遠投100mを超える強肩のほか、ポジショニングやスローイングも正確です。

なので外野守備でしたら問題なくこなせるはずですね。

そして正木智也選手のアピールポイントは何と言ってもその打撃です。

左足を大きく上げて体全体を使ってのフルスイングは迫力満点。

しかし、体全体を使ってのフォームですがコンタクト率も高いので、低めの球もうまく拾うことができます。

走攻守に高レベルの選手であり、プロの舞台での活躍にも期待ですね。

正木智也の家族構成

正木智也選手ですが、家族構成は、父、母、兄の4人家族です。

正木智也選手のお兄さんである祐也さんは4歳上であり、正木智也選手はお兄さんの影響で野球を始めました。

また祐也さんも慶應高校出身であり、正木智也選手が慶應高校に進学をした理由としてもお兄さんが挙げられますね。

しかし、祐也さんは高校以降プレイヤーとしての情報はありませんでした。

ですがもし弟が自分を追って野球を始めてプロになれたら、さぞかし自慢の弟になりますね!

正木智也は走攻守揃ったドラ1候補のプレイヤー! -まとめ-

正木智也選手は出身中学は大田区立雪谷中学校、高校は慶應高校、そして大学は慶應大学に進学をしています。

慶應大学ではクリーンナップを担い、六大学リーグでもハイレベルな成績を残しました。

正木智也選手は豪快なバッティングが魅力の他、外野守備では強肩とポジションニングで守備でも魅せることができるプレイヤーです。

そんな正木智也選手の活躍をぜひプロの舞台でも見てみたいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました