Sponsored Links

マスクの付け方の裏表や上下は決まっている?耳が痛くならない対策も!

健康

マスクは年中必要なアイテムとなってきました。

私は職業柄、勤務中はマスクを着用しなければいけないんですが、今さらながらマスクの付け方が間違っていることを知りました!(゚Д゚;)!

マスクの付け方に裏表があるのはわかっていたけど、裏表を間違っていたんです・・・。

最近はコロナウイルスが流行していますし、この機会にあなたのマスクの付け方が間違っていないか一緒に確認しましょう!

この記事では、マスクの付け方の裏表や上下についてや、耳が痛くならないようにする対策、マスクの外し方をご紹介します。

Sponsored Links

マスクの付け方の裏表はひもで確認していいの?

マスクの付け方は裏表が決まっています。

私を含め、大抵の方がマスクの裏表があることはわかっていても、その見分け方を知ってる人は少ないのでは?

マスクが入っているパッケージに正しい着用方法が記載されているものもありますが、その着用方法をしっかりと読んで使っている人も少ないのでは?

ちなみに、私が職場で使用しているマスク(業務用)の箱には使用方法が書かれておらず、初めて使う時に誰かが付け方を教えてくれることもなかったですね。

マスクって、なんとなく付けている人が多いのではないでしょうか。

そして、マスクの表裏の見分け方は、マスクとひもの接着面が外についている方が表、と言われることもあります。

でも、これはマスクによって違うので、まずはマスクのパッケージを見て、付け方が書いているようであれば、そこで表裏を確認できます。

パッケージに付け方・または裏表が記載されていない場合の正しい見分け方は、ひもではなくプリーツの向きを見てください。

正しくは、プリーツが下を向いている方が表

ということです。

プリーツが上を向いていると、プリーツに空気中のホコリや花粉が溜まってしまいます。

プリーツが下向きだと、衛生的にもいいわけですね。

●マイコプラズマ肺炎は大人がかかると出勤は停止?・・・こちらの記事もご覧ください♪

マイコプラズマ肺炎に大人がかかると出勤はどうなる?その症状は?
マイコプラズマ肺炎の発症率のピークは秋から冬にかけてですが、一年中を通して発症する感染症で、大人でも発症する可能性があります。この記事では、マイコプラズマ肺炎に大人がかかった時出勤はどうなるのか、症状、感染経路、予防方法を調べました。

マスクの付け方は上下も決まっているんです。

マスクの付け方に上下がある事は知っている人が多いのではないでしょうか。

マスクに針金が入っていますが、ノーズフィッターといい、鼻周りにフィットさせるためのものです。

ですので、針金が入っている方が上、になります。

マスクで鼻から顎までを覆ったら、ノーズフィッターを鼻に密着させ隙間を作らないようにするのが正しいマスクの付け方です。

●マスクをする時の臭い対策、肌荒れ、息苦しい、の原因と対策は・・・こちらの記事もご覧ください♪

マスクを付ける時臭いがしない対策は?肌荒れ防止や息苦しい時の対策!
マスクをしない人は何かしらの理由があるはず。その理由として考えられるのが、マスクをすると快適ではないから、ではないでしょうか。この記事では、マスクを付ける時臭いがしない対策や、肌荒れ防止策、息苦しい時の対策、マスクの替え時についてご紹介します。

マスクを付けていて耳が痛いのを防ぐ対策はある?

マスクを付けていると耳が痛いのが悩みどころです。

マスクをつけていると耳が痛いのは、顔のサイズに対してマスクが小さいから。

また、耳に当たるマスクのかけ紐部分が太いと、ゴムで引っ張る力が分散されるので、耳の痛みがマシになります。

一番良いのは、自分の顔の大きさに合ったマスクを選ぶことですが、職場で指定されているものなど自分で選べない場合もあります。

そんな時、マスクをつけていて耳が痛いのを防ぐ対策にはどんな方法があるでしょうか。

調べてみたところ、

  1. マスクを装着前に、ゴム紐の部分を手で伸ばしてほぐす。
  2. 耳にかかる部分の紐に脱脂綿や化粧用コットンを巻く。
  3. 耳の後ろに保湿クリームなどを塗っておく、絆創膏を貼る。
  4. 耳が痛くならない便利グッズを利用する

楽天市場でマスクで耳が痛くならないグッズを探してみる

 

マスクで耳が痛くならないように、いろんな方法を考えているんですね!

また、警視庁のツイートでマスクで耳が痛くならない方法が紹介されていて話題になりました。

マスクで耳が痛いのを防ぐ対策は、マスクと顔が触れる部分に変化がなければ、マスクの効果も変わらないということですので、是非試してみてくださいね。

Sponsored Links

マスクの外し方にも気を付けて!

インフルエンザやコロナウイルスが流行っていますが、マスクの付け方には敏感になるものの、外し方は気にしていませんか?

使用後のマスクには、ウイルスが付着している可能性が高く、その部分をうっかり手で触ってしまうと、マスクを付けていた意味も台無しです。

マスクの正しい外し方は、フィルターを手で触らないように、ゴム紐部分を持つようにしてください。

外したマスクは蓋付きのゴミ箱に捨てるか、ビニール袋に入れて口を閉じてから捨てると完璧です。

マスクを捨てた後は、手が汚れている可能性があるので、石鹸でしっかりと手を洗い、アルコール消毒すると安心です。

マスクの付け方をおさらいして、感染の危険を軽減! -まとめ-

風邪やインフルエンザ、コロナウイルス、花粉症などマスクを付けていないと不安が多いですよね。

マスクはなんとなく付けているだけでは効果がなく正しい付け方をすることによって効果が発揮されるものです。

マスクを付ける効果の違いは人それぞれですが、正しい付け方をすると、間違った付け方をしている時に比べて、

マスク内にウイルスなどの粉塵が侵入する割合が5~50%減っていたという情報もあります。

マスクの正しい付け方は、

  • プリーツが下向きが表
  • ノーズフィッター(針金)の入っている方が上
  • マスクを鼻から顎までしっかり包み込む

マスクと顔の接着部分が隙間なく密着していると正しく付けることができています。

また、マスクを長時間着用していると耳が痛いことがありますがその対策は、

自分の顔の大きさに合ったマスクを選び、耳のゴム紐部分が太い方が痛みが軽減されます。

マスクを正しく付けることで、ウイルスやホコリがマスク内に入る割合が減れば、ウイルスに感染する確率も低くなるので、

今いちどマスクの正しい付け方を確認して、ちょっとでも安心して日々過ごしたいですね!

Sponsored Links

健康
poco-chiharuをフォローする
Sponsored Links
Poco-NAVI ポコナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました