スポンサーリンク

ニキビの原因は食べ物にある?ナッツやチョコレートはニキビに良くない?

お肌のトラブルや悩みで多いニキビは、男女問わず経験したことがあると思います。

ニキビの原因は、チョコレートやナッツを食べ過ぎたからかな?と考えることもありませんか?

ニキビってなぜできるんでしょう・・・。

この記事では、ニキビに悪影響を及ぼしていると思われる食べ物はあるのかどうか、どんな食べ物がニキビや肌へ良い効果があるのかや、チョコレートやナッツが本当にニキビに良くないのか?についてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク


ニキビの原因は食生活の乱れ

過剰な皮脂の分泌がニキビの主な原因と言われていますが、これは思春期のニキビが当てはまります。

大人になっても気になるニキビというのは不規則な生活リズムによる肌へのストレスや、紫外線や化粧品と肌の相性が悪いことが挙げられます。

そして、これ以外にとても大きな要因が不規則な食生活と栄養素の不足なのです。

食事は普段の生活に欠かせないものであり、間食や暴飲暴食というのは健康はもちろん肌の調子にも悪影響を及ぼします

なぜなら暴飲暴食による脂肪分の過剰摂取は腸内環境を荒れさせてしまい老廃物をため込む体質になってしまうのです。

やっぱり、ニキビの原因が食べ物にもあるということですね。

ニキビに良くない食べ物

脂肪分の多い食べ物は、腸内環境を荒れさせニキビの原因となります

具体的には肉類やファストフード、スナック菓子などが挙げられます。

そして、ニキビと原因と思われがちなチョコレートですが、チョコレートに入っている糖質や脂質こそ肌に悪影響があるものの、チョコレートの原料であるカカオにはポリフェノールが多く含まれ、美肌効果が期待できるのです。 

ですが、やはりカカオ分の低いチョコレートはニキビの原因となるため気を付ける必要があるでしょう。

目安としては、カカオ分が70%を超えるものには十分なポリフェノールが含まれており、パッケージなどで美肌効果が謳われているものもあるようです。

そしてチョコレートと同様に、ニキビの原因のイメージのあるナッツですが、脂質こそ多く含むものの、それ以上に肌を作る元であるタンパク質を豊富に含んでいます。

ですので、肌だけでなく体全体の健康に良い影響があるんですね。

塩などで味付けされていないナッツを選んで食べる分には問題はありません。


スポンサーリンク

 ニキビ予防に役立つ食べ物

ニキビを予防するためにはタンパク質、代謝をよくして皮脂量を減らすために各種ビタミン、腸内をきれいに保つための食物繊維をとることが望ましいです。

これらの栄養素を効率的に摂取でき、さらに身体の健康にも良い影響を及ぼす食べ物について下のようにまとめてみました。

タンパク質…鶏肉、大豆、牛乳、ナッツ

ビタミンB2…卵、納豆、レバー、

ビタミンB6…赤身魚(マグロ サケ カツオなど)、バナナ、にんにく

食物繊維…穀物、根菜・果物、海藻類、チョコレート

 

 

 

食べ物に気を付けると、健康・体型管理にも役立つ!-まとめー

ニキビを減らすためには規則的な生活を送り、ストレスを減らすことが大切です。

これにより腸内の活動が活発になり、身体から老廃物が出ていきやすくなります

そのため、便秘解消の効果がある食物繊維、肌を健やかに保つたんぱく質、血流を整え栄養素を全身に運びやすくするビタミンを取る必要があるのです。

また、一般的にニキビの原因となると思われがちなチョコレートとナッツですが、両方にニキビを予防する成分が含まれており、しっかりと種類と成分を選ぶことでニキビ解消の手助けをしてくれます。

皆さんも三食規則正しく食事をとり、脂肪分を避けることでニキビだけでなく身体全体の健康を整えていきましょう!

● 関連記事 ●

ニキビの種類によって治し方が違う!ニキビの原因や対処法を解説!
ニキビは、特に10代、20代の方に多いお悩みといいますが、30代以上の年代の方でも気になる方はいると思います。ニキビには白ニキビなど段階によって種類があり、その状況によって対処の方法も違ってきます。ニキビの種類とその原因と対処法をご紹介します。
ニキビの原因は場所ごとで違う!部位別の正しいケア方法も紹介!
ニキビは思春期の皮脂分泌が盛んな年代に多く見られ、一般的には年齢を重ねると落ち着いてきます。そして、ニキビはおでこや頬、顎などにできて、顔の肌トラブルというイメージが大きいかもしれません。実は、ニキビは、全身のどの部位にも発症するんです。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク


美容
Poco-NAVI ポコナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました