スポンサーリンク

ニキビの種類によって治し方が違う!ニキビの原因や対処法を解説!

お肌のお悩みの中でも常に上位に挙がってくるのが、ニキビです。

特に10代、20代の方に多いお悩みといいますが、30代以上の年代の方でも気になる方はいると思います。

10代、20代のニキビを思春期ニキビ、30代以上のニキビを大人ニキビとすると、思春期ニキビと大人ニキビの医学的な区別は特にないそうです。

ニキビには白ニキビなど段階によって種類があり、その状況によって対処の方法も違ってきます。

この記事では、ニキビの種類によって違う治し方、ニキビができる原因とその対処法をご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ニキビの種類と治し方

ニキビには、段階によって種類があり、その状況によって様々です。

どんな状態かによって、呼び方が違うし、治し方も違ってくるんです。

しかも、お肌にはいろんな状態のニキビが混在する、という点がやっかいですね・・・。

そんな、ニキビの種類とその治し方をご紹介します。

白ニキビ

白ニキビはニキビの初期段階です。

炎症が起こる前の状態で、毛穴が完全にふさがって白く見えますが、かゆみや痛みはほとんどありません。

ポツンとした白い点に見えるので、見逃す場合もあります

ターンオーバー(皮膚を新しくしていくサイクル)が乱れることにより、毛穴周囲の皮膚が厚くなります。

そして、そのふさがった毛穴に皮脂や角質が詰まってしまい白ニキビになるんです。

この段階できちんとケアしておくと、ニキビが悪化せずに済みますよ。

白ニキビの治し方としては、毛穴の内側に詰まった皮脂や古い角質を取り除く、ピーリングが有効です。

AHAやBHA配合のピーリングソープやピーリング美容液を試してみてください。

黒ニキビ

黒ニキビは、白ニキビの毛穴が開いて、メラニン色素や酸化された皮脂などによって、黒く見える状態です。

シミや小さなホクロのように見えたり、不潔な印象を与える場合もあるので気になりますね。

炎症はまだ起こしていない状態なので、自然に治る場合もありますが、ターンオーバーを促す角質ケア美容液などでケアするのがおすすめです。

赤ニキビ

赤ニキビはぷくっと盛り上がって、色も濃くなってきます。

ニキビの中では最も目立つ状態で、痛みやかゆみを伴う場合もあります。

赤ニキビの毛穴の内部では、過剰に増殖した常在菌の「アクネ菌」を攻撃するため、白血球が集まって炎症を起こしている状態です。

とにかく触らないようにしてくださいね。

赤ニキビの治し方としては、炎症を鎮めるために、抗炎症作用に優れたビタミンCやグリチルグリシン配合のスキンケアを使用してください。

また、炎症部分はメイクを避けた方がいいですよ。

黄ニキビ

黄ニキビは突然にできるものではなく、赤ニキビからさらに炎症が進むと黄ニキビになります

ニキビ全体は赤いのですが、中心には膿が溜まって黄色くなっています。

その膿が出てきたら炎症が終わりに向かっているサインです。

ですが、ここで無理やりつぶすとニキビ跡になってしまうのでくれぐれも気を付けましょう。

黄ニキビの治し方としては、赤ニキビと同じです。

また、ニキビ跡を残さないために、肌の代謝を促す発酵食品やビタミンB群を摂るようにしましょう。

睡眠もしっかりとれるとベターです。

ニキビができる原因とその対処法

ニキビができる原因は、性ホルモン、皮脂分泌の増加、毛穴のつまり、アクネ菌の増殖が関係しています。

性ホルモンの分泌は、思春期に活性化したり、ストレスなどが原因で過剰になります。

性ホルモンが過剰に分泌されると、毛穴の奥の皮脂腺から皮脂がたくさん分泌されます。

女性の場合は、男性ホルモンと女性ホルモンのバランスの崩れがニキビの一因となります。

つまり、思春期のニキビは思春期に活発化する性ホルモンの過剰分泌によって皮脂分泌が盛んになることでできやすいのです。

思春期はとにかく、洗顔などのスキンケアをして、皮脂の量と水分量を適度に保ち、肌を清潔に保つことが大切です。

一方、大人のニキビは、主に性ホルモンのバランスの崩れによって皮脂分泌が盛んになる事が原因です。

また、過労や不規則な生活、偏った食生活やストレスなど様々な要因でホルモンバランスが崩れます。

ニキビ=過剰な皮脂分泌、と思い込み、やたらと皮脂を取り除くスキンケアを行うと、大人のニキビは悪循環になります。

まずは、生活習慣を見直してホルモンバランスを整える事を考えてみましょう。

そして、角質ケアや十分な保湿で肌のターンオーバーを整える事が得策です。


スポンサーリンク

ニキビの色によって判断できる状態と対処法をマスターしようーまとめー

ニキビには段階があり、その色によってどのくらい炎症が進んでいるか判断できることがわかりました。

ですが、一番良いのは、ニキビが出来ない状態を保つことです。

思春期のニキビは皮脂分泌が過剰な事が原因なので、皮脂を取り除いて清潔な肌を保つのが予防となります。

一方、大人のニキビができる肌は乾燥しがちで、ホルモンバランスの乱れが主な原因です。

大人になってから、よくニキビができるなと思う方は、生活改善をすることが予防につながります。

ビタミンB群が不足すると、皮脂分泌が適正に保たれずニキビの原因になりますし、ビタミンCも不足するとターンオーバーが乱れてニキビの悪化につながります。

ですので、これらのビタミンを食事やサプリメントから摂ることをおすすめします。

また、ニキビができてしまったらしょうがないので、気になって触りたいところですが、そこはグッと我慢して触らないようにしてくださいね。

それが、ニキビをできるだけ早く治す近道につながります!

ニキビの色で状態を確認してから、適切なスキンケアを行って、ニキビを治してストレスフリーの生活を送ってくださいね。

● 関連記事 ●

炭酸水洗顔のやり方は簡単でお手軽!美肌に効果なしの噂やニキビには?
炭酸水を使ったスキンケアが話題に。炭酸水洗顔のやり方が簡単でお手軽だとネットで注目されているんですよ。この記事では、炭酸水洗顔のやり方やニキビなどの肌トラブルや美肌にに効果なしとの噂の真相、市販の炭酸入り洗顔料を使う場合のやり方をご紹介します。
炭酸水の洗顔は危険なの?デメリットと洗顔の注意点をまとめて解説!
炭酸水の美容効果が認知されつつある中、炭酸水洗顔がお手軽なスキンケアとして注目を集めていますが、肌が赤くなったり、痛みやヒリヒリ感などを感じ危険だと思うことも。この記事では、炭酸水で洗顔することのデメリット・メリット、注意点をご紹介。
404 NOT FOUND | Poco-NAVI ポコナビ
日々、疑問に感じたことを分かりやすく発信しています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました