スポンサーリンク

NHKから国民を守る党の立花孝志と候補者や党員は個性的!

7月21日に行われた参議院選にて
「NHKから国民を守る党」
(以下、N国党)の代表で

新人の立花孝志氏が、
比例代表で立候補し、
約97万5千票の得票数で当選。

「NHKから国民を守る党」として、
1議席を獲得したとニュースで
報じられました。

この記事では、
「NHKから国民を守る党」とは
どんな政党で候補者にどんな人が
いたのか気になったので、
調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

  NHKから国民を守る党とは?

「N国党」は、
元NHK職員の立花孝志氏が
2013年に発足し、
代表を務める政治団体。

NHKに受信料を
支払わなくていいように、
法令の改正をする為の政治活動
行っているとのことです。

政見放送で
「さあテレビの前のあなたもご一緒に!

NHKをぶっ壊す!

スタジオにいるNHKの職員も
みなさんもご一緒に、
NHKをぶっ壊す!
やるわけないですね!」

などと話す様子が、
動画投稿サイト「YouTube」で
多数再生され、話題を呼びました。

今回の参院選における資金と
候補者は全て、「YouTube」を
使って10日ほどでかき集めたそう。

たった10日で
1億円を超える資金が集まるとは
「NHKをぶっ壊す!」という意見に
同調する人が、かなりいたということでしょうね。

もし、議席がとれなくても
政党要件の一つである
「得票率が全国で2%以上」を
満たすことができれば、

その結果、得られる政党交付金で
借りた資金を返す計画とのことなので

何としても、
知名度を上げて得票しないと
いけないということなんですよね。

その結果、
候補者については選挙区に37人、
比例代表に4人が立候補し、

比例代表で、
約97万5千票の得票で1議席を獲得。

N国党は、その目標を見事、
達成することができたのです。

党代表の立花孝志とは?

党代表の立花孝志さんは、
元NHK職員で、元東京都葛飾区議。

NHK職員時代は記者・経理などを
経験していましたが、
10年前にNHKの不正経理を
内部告発します。

そして、同年7月に不正経理で、
懲戒処分を受け、NHKを依願退職。

立花孝志さんは、
受信料を支払う契約者だけが
視聴できる「スクランブル放送」を
NHKに導入すべきだと主張しています。

区議の仕事と、
NHKをぶっ壊すという目標は、
関連性がないのでは?
という質問に対して、

「区議としての成果を全く出さないということを最初から言っているので、それに対する苦情は一切ありません」

とキッパリ。

ここまで潔く言われると変に
納得してしまいますよね。


スポンサーリンク

N国党の候補者は個性的な人ばかり!


「YouTube」を使って10日ほどで
かき集めた候補者はなんと41名。

今回の参院選の候補者の一部の人と、
その職業について紹介します。

(比例代表)

立花 孝志 NHKから国民を守る党代表

浜田 聡 医師

岡本 介伸 元飲食店従業員

熊丸 英治 自営業

(選挙区)

埼玉県 佐藤恵理子(えりぃ)タレント

栃木県 町田紀光 YouTuber

大阪府 尾﨑全紀 出版プロデューサー

三重県 門田節代 元会社員

政見放送を観ると・・・

「NHKをぶっ壊す!」を連呼

イチゴの被り物
Tシャツにボサボサ頭
メイド服
変顔連発

などの個性的な候補者たちが
登場しました。

かなりインパクトが強く、
思わず見入ってしまう内容となっていますね。

このインパクトの強さで
N国党の知名度も
上がったのではないでしょうか。

YouTubeでも配信し、
再生回数は300万回以上と
注目度の高さは明らかです。

N国党の今後が楽しみ ーまとめー

短期間で、
個性的な候補者を集めて
注目を集めることは
誰にでもできることではありませんよね!

政見放送を観て、
インパクトの強さに
この団体大丈夫かな?

と、ちょっと不安も感じましたが、

皆さんが、訴えることは
「NHKをぶっ壊す!」
とシンプルです。

このシンプルな立花孝志さんの
信念が人々の共感を集めている
ということですね。

そして、狙いどおり
政党要件を満たしたのはさすがです!

N国党は政党要件を満たしたので
約5900万円の政党交付金を
受け取る見通しです。

今後、政党として
個性的な党員たちが
どのような活動をしていくのか
とても楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました