スポンサーリンク

佐藤隼輔の出身中学や高校などプロフィール!通算成績や球種・球速は?

​​2021年もドラフトの季節がやってきましたね。

ドラフトは来季の戦力向上の鍵とも言えるイベントであり、注目選手がどの球団に入るかが今から気になります。

そんなドラフトですが、2021年の注目選手の一人が佐藤隼輔選手です。

佐藤隼輔選手は国立の筑波大学出身ながらもドラフト1位が十分に狙える選手であり、どの球団に入るかとても楽しみですね。

この記事では、そんな佐藤隼輔選手の出身中学や高校、成績や球種・球速などについて詳しくご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

佐藤隼輔の出身中学や高校は? -プロフィール-

佐藤隼輔(さとう しゅんすけ)

  • 生年月日:2000年1月3日(2021年10月現在21歳)
  • 出身地:山形県(宮城県仙台市育ち)
  • 身長:180cm
  • 体重:78kg
  • ポジション:ピッチャー
  • 投球・打席:左投/左打
  • 所属:宮城県仙台市立広瀬中→仙台高校→筑波大

佐藤隼輔選手の生まれは山形県ですが、育ちは仙台市の選手です。

そして、佐藤隼輔選手の出身中学は宮城県仙台市立広瀬中、出身高校は仙台高校です。

佐藤隼輔選手は小学4年生の頃に野球を始め、中学1年生の頃には所属をしていたリトルリーグで全国大会での優勝を経験しています。

また、佐藤隼輔選手の出身高校は仙台高校で、公立の高校です。

仙台高校はバスケットボールが強くプロバスケットボール選手は数多く輩出していますが、プロ野球選手はごく僅かです。

そのような環境の中で、佐藤隼輔選手はエースとして活躍をし、練習メニューも自分で考えて日々レベルアップをしていったようです。

やらされる練習よりも自分で考えて練習をする方が身になると言いますし、そのようなことが実践できる頭脳の持ち主ですね。

そして、佐藤隼輔選手は大学を国立である筑波大学に進学をしたのも納得ですね。

プロに注目の選手でありながらも頭も良いというのは、いやはやすごい選手です・・・。

佐藤隼輔の通算成績は?

佐藤隼輔選手ですが先発として投球をし始めたのは2018年秋のリーグ戦からです。

そして佐藤隼輔選手の通算成績としては、

28試合 10勝4敗 166.2回 防御率1.46

という成績を収めています。

また、佐藤隼輔選手は大学野球の日本代表にも選ばれており、国際大会も経験をしています。

その際には全てリリーフの登板であり、

5試合 6回 防御率0.00

という失点0という成績を収めています。


スポンサーリンク

佐藤隼輔の球種や球速は?

佐藤隼輔選手ですが球種や球速も気になりますよね。

佐藤隼輔選手での球速はMax151km/hの速球が武器。

また、佐藤隼輔選手の球種としては、スライダーやチェンジアップなどがあります。

特にスライダーは本人も決め球と言っており、切れ味鋭いスライダーで三振を奪います。

また佐藤隼輔選手のフォームは左のオーバースローではありますが、ボールの出どころが見づらいです。

このことからバッターはタイミングが取りづらく、ストレート、スライダー、そしてタイミングを外すチェンジアップで討ち取っていきます。

すでにプロでも多くのスカウトが視察に来ており、そのポテンシャルは新人王を期待できるほどになっています。

ぜひ佐藤隼輔選手にはプロの舞台でもクレバーな投球を見せてもらいたいですね。

佐藤隼輔の家族構成

佐藤隼輔選手ですが、気になるのは家族構成もそうですね。

調べてみたところ、佐藤隼輔選手はご両親とお姉さんの4人家族でした。

ご家族でスポーツをやっていたという情報はなかったので、野球一家というわけではなさそうですね。

ただ、やはりプロ入りするまで野球を続けるのはご家族の支えは必要不可欠です。

ぜひ佐藤隼輔選手にはプロで活躍をして、ご家族にも恩返しをしてもらいたいですね。

佐藤隼輔はドラ1もあり得る注目左腕! -まとめ-

佐藤隼輔選手ですが2021年ドラフト1位もあり得る注目の選手です。

宮城県仙台市立広瀬中、仙台高校、筑波大という経歴の持ち主であり、自分で考えながら練習やプレーができる頭脳の持ち主でもあります。

佐藤隼輔選手の武器はMax151km/hの速球と、スライダー、チェンジアップのコンビネーションです。

そのポテンシャルはプロでも即戦力、新人王も夢ではないと言われています。

ぜひ佐藤隼輔選手にはプロの舞台で持ち前の投球を見せて、大活躍をしてもらいたいですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました