スポンサーリンク

反田恭平(ピアニスト)の家族構成や兄弟について!経歴や身長などプロフィール!

反田恭平

ショパンコンクール2021のファイナリストとして反田恭平さんが話題になっています。

反田恭平さんはピアニストで、22歳にしてCDデビューを果たすなど知る人ぞ知る才能がある方です。

そんなすごい人が育った家庭環境もきになるところ。

この記事では、反田恭平さんの家族構成や兄弟についてや、経歴な身長などプロフィールをご紹介します。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

反田恭平の家族構成は?

クラシックピアニストとして海外で活躍し、CDデビューも果たした反田恭平さん。

反田恭平さんを育てた家族が気になりますよね。

意外にも反田恭平さんは音楽家の家に育ったわけじゃないんです。

反田恭平さんの父親はサラリーマン母親は主婦というごく普通の家庭です。

反田恭平さんの母親が音楽好きで、エレクトーンを弾いていたとのこと。

その母親のエレクトーンを聴いて、反田恭平さんは瞬時に弾くことができるほど耳が良かったそうです。

ちなみに、反田恭平さんが誕生するときは逆子で心肺停止状態だったそうで、一度死んでいるんですよ、とご本人が語っていました。

反田恭平さんの奇跡的な誕生から、特別な才能が開花したんでしょうか。

反田恭平に兄弟はいる?

反田恭平さんの家族構成に関してはっきりしませんでした。

反田恭平さんに兄弟がいるかどうかですが情報がありませんでした。

ですので、反田恭平さんに兄弟姉妹はなく、ひとりっこである可能性が高いです。

また詳しい情報が入れば追記します。


スポンサーリンク

反田恭平の経歴!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Kyohei Sorita – 反田恭平(@kyoheisorita)がシェアした投稿

反田恭平さんの経歴についてご紹介します。

反田恭平さんは幼少時代はヤマハ音楽教室、一音会で学びます。

そして、2006年(10歳)桐朋学園大学音楽学部付属子どものための音楽教室「仙川教室」に入室。

2010年(14歳)桐朋学園大学音楽部門より奨学金を授与されて、桐朋女子高等学校音楽科入学。

中学生にしてすでに奨学金を受けて、音楽の名門の学校に入学できるとはかなり期待されていたんですね。

さらに、2013年(17歳)キャンパス特待生として、桐朋学園大学音楽学部に入学。

その後、ミハイル・ヴォスクレセンスキー氏の推薦を受けてロシアへ留学しました。

2014年(18歳)モスクワ音楽院に入学(公益財団法人ロームミュージックファンデーション奨学生)

2015年(19歳)桐朋学園ソリスト・ディプロマコース入学(創設以来初のピアノ科全額特待生)

2017年(21歳)出光音楽賞受賞。第9回CDショップ大賞クラシック賞受賞
(江副記念財団奨学生)ショパン国立音楽大学に入学

また、2018年以降は管弦楽団を創設して、2021年現在はジャパン・ナショナル・オーケストラという名前の管弦楽団を作って活動中です。

反田恭平の身長は? -プロフィール-


反田恭平(そりた きょうへい)

  • 生年月日:1994年9月1日(2021年10月時点 27歳)
  • 出身地:北海道札幌市

反田恭平さんの身長について情報がなく不明です。

画像から、反田恭平さんの身長を予測しようと下記の画像をピックアップ。

反田恭平さんとゆかりのある、下田幸次二さんと務川慧悟さんとのスリーショットです。

下田幸二さんが3人の中では少し身長高いように見えますね。

ところが、下田幸二さんと務川慧悟さんの身長も公表されておらず不明なんです。

と、いうことでわかり次第追記します。

反田恭平さんは音楽だけの少年だったわけではなく、サッカー少年でもあったんです。

小学校5年生の時にサッカーの試合中に手首を骨折。

その接骨の時のトラウマでサッカー選手の夢を諦めてピアノの道へ進みます。

2012年(16歳)に日本音楽コンクール第1位と4つの特別賞を受賞するという驚きの成績を残しました。

反田恭平の奏でるピアノの音色に感動 -まとめ-

反田恭平さんは22歳でピアニストとしてCDデビューし、日本でも人気のピアニストです。

2016年にはTBSの情熱大陸でも取り上げられて知る人ぞ知る人ですよね。

反田恭平さんはショパンコンクール2021の3次予選を勝ち抜いて決勝進出して再び大注目。

これからの活動も必ず豊かになること間違いなし、とても楽しみです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました