スポンサーリンク

横浜DeNAと育成契約を結んだスターリン・コルデロの身長や成績は?

スターリン・コルデロ

2020年シーズンの日本シリーズの真っただ中ですが、2021年シーズンに向けて助っ人外国人選手が続々と決まっていく時期です。

横浜DeNAは育成契約の選手を次々と発表しています。

スターリン・コルデロ選手と横浜DeNAは2021年に向けて育成選手契約を結んだと発表。

アメリカ・マイナーリーグでの経験があるスターリン・コルデロ選手ですがどんな人でしょうか。

この記事では、横浜DeNAと育成契約を結んだスターリン・コルデロ選手の身長や体重などプロフィールや過去の成績などご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

スターリン・コルデロの身長や体重は? -プロフィール-

スターリン・コルデロ(Starlin Cordero)

  • 出身地:ドミニカ共和国
  • 生年月日:1998年7月21日(2020年11月現在 22歳)
  • 身長:201cm
  • 体重:100kg
  • ポジション:投手
  • 投球・打席: 右投右打

スターリン・コルデロ選手の身長はなんと201cmと超身長

スターリン・コルデロ選手の身長がそれだけ高ければ体重100kgでも納得の体型ですね。

今回の横浜DeNAをの育成選手契約のニュースではスターリン・コルデロ選手は大型右腕と言われている理由は身長からなんでしょうか。

スターリン・コルデロ選手の経歴は、

リセオ・ノクトゥルノ・カナスティカ高→パドレス傘下のマイナーに所属して2020年まで活躍しています。

おもにリリーフとしての起用が多いということなので、スターリン・コルデロ選手が支配下契約になった場合もリリーフとしての起用かもしれません。

スターリン・コルデロ選手の横浜DeNAでの背番号は未定です。

スターリン・コルデロのアメリカでの成績は?

スターリン・コルデロ選手は2015年(17歳)からアメリカメジャーリーグのサンディエゴ・パドレス傘下のマイナーリーグに所属していました。

スターリン・コルデロ選手の今までの成績が気になるところです。

スターリン・コルデロ選手のマイナー通算5年間の成績は80試合に登板して8勝6敗5セーブ、防御率4.67。

123回1/3回を投げて158三振を奪うという奪三振率の高さが特徴です。

スターリン・コルデロ選手の2015年から2019年の成績をそれぞれご紹介します。

  • 2015年 ドミニカサマーリーグパドレス(ROK) 15試合 3勝2敗0セーブ 防御率4.94 三振32
  • 2016年 AZLパドレス(ROK)15試合 2勝1敗0セーブ 防御率2.84 三振31
  • 2017年 AZLパドレス2(ROK)12試合 1勝0敗1セーブ 防御率4.97 三振14
  • 2018年 AZLパドレス1(ROK)17試合 0勝3敗4セーブ 防御率6.53 三振31
  • 2019年 トリシティ(A-)21試合 2勝0敗0セーブ 防御率4.54 三振50

スポンサーリンク

スターリン・コルデロが横浜DeNAで活躍するのが楽しみ! -まとめ-

スターリン・コルデロ選手は2020年現在22歳とまだまだ若い!

今までのマイナーリーグの経験を活かして日本でどのような成長を遂げるか楽しみですね。

横浜DeNAとの支配下契約に切り替わるのはいつなのか、一軍で活躍してくれるのを期待して応援していきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました