スポンサーリンク

須藤弥勒の父親の仕事は?母親はどんな人?気になるピアスの真相は?

引用元:報知新聞

須藤弥勒ちゃんは、7歳にして天才ゴルフ少女と言われていて、テレビによく出演されていますね。

見た目も発言も貫禄ありでインパクト大ですが、子供らしい部分もまだまだあってかわいらしいと思います。

テレビの発言などで、生意気という声も出ているようですが、ゴルフでしっかりと成績を残しているのはすごいことです。

この記事では、須藤弥勒ちゃんの父親の仕事や母親について、ピアスの噂の真相やプロフィールについてご紹介します。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

須藤弥勒の父親の仕事は?

須藤弥勒ちゃんの父親は、須藤憲一(すとうけんいち)さんで、元東京大学の教授であり、仏教の研究をしていました。

大学の教授ということは、年収もかなりあるのではないでしょうか。

東大の教授の年収を調べてみると、年齢や専攻分野にもよると思いますが、約1000万円ほどあるようです。

須藤弥勒ちゃんのゴルフの才能に気付き、自宅の隣にある600坪の土地を購入し、ゴルフの練習場を作ってパットの練習までできる環境を作りました。

さらに、ゴルフの指導のために、アメリカで有名なプロゴルフの指導者を週3日コーチにつけるという事もしたそうです。

はっきりした年収はわかりませんが、これだけの事をできるのは、かなり高収入だと予想できますね、うらやましいですー。

須藤弥勒の母親はどんな人?

須藤弥勒ちゃんの母親の名前はみゆきさんといいます。

母親の須藤みゆきさんは、小学校の時に県大会の優勝実績があるフィギュアスケートの選手だったそうです。

現在は、ピアノ講師として活動しており、時々須藤弥勒ちゃんのリズム感を養う為の指導もしています。

運動神経の良さは、元フィギュアスケート選手だった母親の血を受け継いでいるんでしょうね。

また、弥勒ちゃんの体幹を鍛えるためにトランポリンでのトレーニングも教えています。


スポンサーリンク

須藤弥勒のピアスの真相!

須藤弥勒ちゃん5歳の時に、ピアスをしているという噂がありました。

まだ5歳なのにピアスなんて!ピアスをしたまま試合に出るなんて!などの不快感を表す人が多数いたようです。

女子ゴルフの人たちって、ウェアがおしゃれな人が多いイメージで、ピアスなんかもしているのかなー、そんなお姉さん達をみていたらマネしたくなるかもと思ったりしますが。

でも、そうだとしても、日本だと、子供がピアスの穴を開けていたらちょっとびっくりしますよね。

この件については、父親の憲一さんがマグネット式のピアスである事を告白しています。

須藤弥勒のプロフィール

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miroku Suto 須藤弥勒(@miroku_suto)がシェアした投稿

須藤弥勒(すとう みろく)

  • 生年月日:2011年 (2019年11月時点で8歳)
  • 出身地:群馬県太田市
  • ゴルフ歴:6年

プロフィールといっても、まだ小さな子供なので、あまり情報はありませんでした。

生年月日も公表されていませんが、8歳にしてゴルフ歴6年とはすごいですね。

須藤弥勒ちゃんがゴルフを始めたのは1歳半の時で、ゴルフボールで遊ぶ事から始め、2歳になるとおもちゃのゴルフセットで練習を始めたそうです。

2017年、5歳の時に世界ジュニア選手権(6歳以下の部)で史上最年少優勝をして世界中の注目を浴びました。

翌年2018年の同じ大会でも優勝して、2連覇達成しました。

2019年は、世界ジュニア選手権7歳から8歳の部に出場予定ということで、3連覇達成できるかどうかに注目が集まっています。

弥勒ちゃんの名前は、父親の憲一さんが名づけたらしく、「弥勒菩薩」が由来となっていて、偉大なる目標に向けて、努力を怠らないでほしいという気持ちを込めたそうです。

現在は、そんな憲一さんが弥勒ちゃんのコーチとなり、練習をしていて、多い日には1日10時間もの練習をするそうですよ。

憲一さんは、コーチに専念する為、教授の仕事を辞め、ゴルフ場で働いているという話しもあります。

教授を辞めてしまったら、収入はどうなるんでしょうか。

ゴルフって練習場の維持費や海外遠征の費用などお金がかかるスポーツなので、余計なお世話でしょうけど・・・。

須藤弥勒はどんな大人になっていくのか楽しみ-まとめ-

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Miroku Suto 須藤弥勒(@miroku_suto)がシェアした投稿

須藤弥勒ちゃんは、1歳半からゴルフの英才教育を受け、若干5歳にして結果を残す事ができた
天才少女です。

インパクト大の存在感と発言が生意気とのことで、炎上することもしばしば。

「緊張するのは凡人なんで、私はゴルフの神様の子供なので緊張しませんでした。」「伝説のプロになりたいです。」などなど。

小学生の発言とは思えないほどですが、ここまで言えるのもそれだけの実力があるから。

きっと有言実行してくれることでしょう!

これからのゴルフの成績とどんな成長を遂げていくか楽しみですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました