Sponsored Links

柚希礼音は結婚してる?宝塚男役時代の作品は?舞台チケットの倍率は?

芸能人・有名人
引用元:https://webronza.asahi.com/culture/articles/2019092000002.html

柚希礼音さんは宝塚歌劇団出身の女優で、宝塚に所属していた頃は星組トップスターとして活躍。

宝塚を引退した今もその美しいスタイルを維持する柚希礼音さんはまさに女性の憧れの的ですよね。

そんな柚希礼音さんは現在、女優として舞台やテレビで活躍しています。

この記事では、柚希礼音さんの結婚や、宝塚男役時代のおすすめ作品、舞台のチケットの倍率、年齢・本名などのプロフィールについてご紹介します。

  

Sponsored Links

柚希礼音は結婚してる?その相手は?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柚希礼音 ReonYuzuki(@reonyuzuki_official)がシェアした投稿

2020年現在、40歳を迎えた柚希礼音さんですが結婚はしてるのでしょうか。

調べてみたところ、現在はまだ結婚はしていないみたいです。

美人な方なのでもう結婚しているのかと思っていましたが、交際相手の情報も出てこなかったので意外でした。

柚希礼音さんは宝塚退団後、ミュージカル音楽活動にと様々な方面で活動していますし、もしかしたら恋愛をする暇もないのかもしれませんね。

ちなみに、過去のインタビューで柚希礼音さんは「結婚にあまり夢は見ていない」と語っていたそう。

宝塚で男役を務めていただけあって、とても男らしい発言です。

まだしばらくは、結婚よりも女優としてのお仕事に打ち込みたいのかもしれませんね。

まだまだ柚希礼音さんの活躍を見られそうですので、ファンにとっては嬉しい限りですね!

柚希礼音の宝塚男役時代の作品のおすすめはロミオとジュリエット!

引用元:http://archive.kageki.hankyu.co.jp/revue/correlation/j330r.html

柚希礼音さんの宝塚時代のおすすめ作品として真っ先にあがるのが『ロミオとジュリエット』です。

ロミオとジュリエットは宝塚では何度か再演されていますが、柚希礼音さんが出演しているのは2010年、2013年の二つです。

柚希礼音さんはロミオ役として舞台に上がっており、相手役のジュリエットは2010年、2013年どちらも夢咲ねねさんでした。

2013年では柚希礼音さんの歌の表現力がますます加わっており、2010年のものよりも迫力のある舞台となっています。

やはりトップスターというだけあり、美しさが際立っていますよね。

これをきっかけに柚希礼音さんにハマったファンの方も多いのではないでしょうか。

相手役である夢咲ねねさんもとても可愛らしくて、柚希礼音さんのパートナーにぴったりです!

これぞ宝塚という感じで、宝塚に興味がなくても思わず引き込まれてしまいます。

まだ見たことのない方はぜひ見てみてはいかがでしょうか。

柚希礼音の舞台チケットの倍率はどれくらい?

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

柚希礼音 ReonYuzuki(@reonyuzuki_official)がシェアした投稿

ファンの方は、柚希礼音さんの舞台のチケットの倍率がどのくらいなのか気になりますよね!

2020年3月から4月にかけて行われる舞台『ボディガード』で倍率を計算してみると、

大阪、梅田芸術劇場での公演の合計11日間と、東京、東急シアターオーブでの公演、合計17日間

2つの劇場の合計収容人数が3,877人

公演は合計で28日間なので、×28で108,556人が舞台を見られる計算になります。

出演する柚希礼音さん、新妻聖子さん、大谷亮平さんの公式ツイッターのフォロワー数が合計約57,000人なので、1人2枚ずつチケットを応募したとして、

114,000÷108,556=約1.05倍の倍率になります。

フォロワー全員が2枚ずつチケットを応募するとは考えにくいですし、大体0.8倍~1.0倍くらいの倍率だと考えておくといいかもしれません。

チケットは比較的手に入りやすい倍率といえますね!

Sponsored Links

柚希礼音の年齢や本名は? -プロフィール-

柚希礼音(ゆずき れおん)

  • 生年月日:1979年6月11日(2020年現在 40歳)
  • 出身地:大阪府大阪市福島区
  • 血液型:B型
  • 身長:172cm
  • 趣味:ショッピング、温泉、海外旅行

柚希礼音さんは2020年現在40歳で、事務所はアミューズに所属し舞台を中心とした芸能活動を続けています。

柚希礼音さんは40歳になった今も、宝塚に所属していた頃と変わらないスラっとした体型を維持しており、同じ女性としても憧れてしまいます。

柚希礼音さんの身長は172cmで、男役として映えるような高身長の持ち主ですが、

昔は身長が大きすぎるのが理由で、プロバレリーナの夢を諦めたという経験があるそうです。

高身長はスタイルも良く見え羨ましく思えますが、場合によっては困ることもあるみたいですね。

また、柚希礼音さんの本名は「金山千恵(かなやまちえ)」だそうです。

そもそも宝塚歌劇団では、本名で活動することがNGなので、必ず芸名が必要になるんです。

「柚希礼音」という芸名は、ご両親と一緒に決めたそうです。

柚希礼音さんは歌が苦手だそうで、音への礼儀から上手くなるように、という意味をこめて「礼音」にしたとのことです。

「柚希礼音」という名前の響きがきれいで素敵な芸名の決め方ですよね。

ちなみに、柚希礼音さんが宝塚歌劇団に入団したのは1999年(20歳)の時で、85期生として入団をしました。

宝塚歌劇を志したのは両親やバレエ教室の先生からの熱心なすすめがあったからだそう。

そして、2009年(30歳)、入団11年目にして宝塚歌劇団星組トップスターとなり、

2015年5月10日(35歳)『黒豹の如く/Dear DIAMOND!!』東京宝塚劇場公演千秋楽をもって宝塚歌劇団を退団しました。

柚希礼音は舞台やコンサート、ディナーショーなどで活躍中! -まとめ-

引用元:https://gendai.ismedia.jp/articles/-/63421

宝塚を退団してからも舞台やコンサートなどで活躍する柚希礼音さんですが、まだ結婚はしていないんです。

交際相手の噂もありませんし、まだまだ芸能界で活躍してくれそうですね!

柚希礼音さんのおすすめの作品は『ロミオとジュリエット』で、同じ女でもほれぼれしてしまうような男役を演じる柚希礼音さんが楽しめますよ。

また、過去の作品だけではなく、現在の柚希礼音さんの姿が見れる舞台にもぜひ足を運んでみてください。

宝塚の男役の時代とは違った柚希礼音さんを楽しめるはずです!

チケットの倍率も0.8倍~1.0倍くらいなので、比較的手に入りやすいのでおすすめですよ。

現在40歳の柚希礼音さんですが、年齢を感じさせないそのスタイルでこれからもたくさん活躍してくれることを期待しています。

Sponsored Links

芸能人・有名人
poco-chiharuをフォローする
Sponsored Links
Poco-NAVI ポコナビ

コメント

タイトルとURLをコピーしました